健康

花粉症で目が痛む場合にコンタクトはダメ?その症状と洗うには?

スポンサードリンク

春になり花粉が舞うようになると
悩まされるのが花粉症の症状です。

この症状が目に
出てしまう方も多いと思いますが、
その症状や原因によっては
目に重大なダメージを
負ってしまうケースもあります。

そこで今回は花粉症と
コンタクトとの関係、
目の症状や病気について
お伝いしてまいります。

スポンサードリンク
  

花粉症で目が痛む場合にコンタクトはどうする?

花粉症で目が痛むからといって、
治療のためにコンタクトレンズを
付けたまま点眼薬を
使用してはいけません。

なぜなら、点眼薬に含まれる成分や
防腐剤がコンタクトレンズに吸着してしまうと

そのまま装着し続けた場合に
悪影響を及ぼす可能性が高くなるためです。

なかには防腐剤の含まれていない
点眼薬もありますが、

コンタクトレンズの相性によっては
レンズが白濁したり
変形してしまうことがありますので、

コンタクトレンズをしてる時に
花粉症の症状で目が痛くなったり
痒くなったりした場合は

基本的にコンタクトレンズは
外して使用するようにしてください。

そして使用後も十分に間隔をおいて

点眼薬の成分がコンタクトレンズに
吸着しないようになってから
装着するように心がけてください。

目は元来、異物やゴミなどが
入った場合には涙によって洗い流すことで

洗浄する機能があるのですが、
コンタクトレンズを使用していると

それが眼球の膜(結膜)まで届きにくくなり、
その効果が低下してしまいます。

そのため、目に入った花粉が
停滞しやすくなったり

付着した汚れを洗い流すことが
できなくなるという悪循環が起こってしまいます。

ですから、この時期に
コンタクトを使用する場合には

1日使い捨てタイプの
コンタクトレンズを使用するか
装着時間を短くするなどしてください。

使用期間が2週間~1ヶ月の交換タイプや
ハードコンタクトレンズでは

どんなに洗浄してもたんぱく質や
脂質をキレイに落とすことができないため

そのまま装着することで花粉も
付着しやすくなっています。

そのためもし、
症状が出てしまった場合には
病院で診察を受けるようにしてください。

このようなリスクが
コンタクトレンズにはあるので

花粉が大量に飛散する季節や
花粉症の症状が目に強く出ている場合には
なるべく眼鏡に切り替えるようにしましょう。

眼鏡を着用することで花粉が
目に入るのを防ぐ役割も
果たしてくれますし、

仮に目に症状が現れたとしても
治療のための点眼薬が使用しやすくなります。

花粉症で目にあらわれる症状は?

花粉症が目にあらわれる原因は、
目の表面にアレルギー反応を
引き起こす物質である

アレルゲンが付着することによって
結膜に炎症を起こすためです。

この花粉などが原因で、
特定の季節だけに症状が
あらわれるものを

季節性アレルギー性結膜炎といいます。

アレルギー性結膜炎には
主に3つの症状があり、以下がそれです。

●目のかゆみ
目のかゆみは結膜炎によって
引き起こされる症状で
最も多くの人が悩まされているものです。

外部からの刺激によって結膜が炎症を起こし、
目やまぶたなどにかゆみが生じます。

強くかいたり、こすったりすることで
結膜や角膜を傷つけてしまったり
さらにかゆみが増したりすることがあるので
注意が必要です

●充血
目の表面にアレルゲンが付着することで
結膜炎を起こし、白目の血管が
拡張して赤く見えます。

●涙が出る
涙は前の章でもお伝えしたように
目に入った異物やゴミを
洗い流すために出るので

よほどひどく出る場合以外は
拭う程度にとどめておきましょう。

もし、過剰に出ていると
感じた場合には速やかに眼科で
診察を受けるようにしてください。

花粉症で目を洗うにはどうすればいい?

花粉症の症状を緩和させるために
目を洗いたいと思う時には注意が必要です。

一番手軽な方法としては
水道水で洗うのが簡単で良いのですが、

何度も目を洗うってしまうと
目を保護している涙の成分を
洗い流してしまいますし、

水道水に含まれている微量な塩素も
1日に1回程度なら問題はないのですが
何度も洗うとやはり悪い影響を与えてしまいます。

また、直接シャワーを目に当てるのも
水流が強い場合にはダメージを
与えてしまいます
ので、

水道水で目を洗う場合には
シャワーヘッドを上に向けて噴水状態にし

水流が折れたあたりに目を近づけて
軽く瞬くする程度にしましょう。

カップを目にかぶせることによって
目を洗うタイプの洗眼液も
使用する際には注意が必要です。

どうしてかというと、
いきなりそのタイプ洗眼液を
使用してしまうと

目の周辺についている花粉や
汚れが洗浄液の中に
入ってしまうからです。

そうなると、
その中で洗おうとして

瞬きすると当然目に
直接付着してしまいますよね。

ですから、洗眼液を使う前には
目をつぶりながら周りを
しっかり洗うこと

そうすることで目の周辺についた花粉や
汚れを落とすことができます。

また、頻繁に洗浄液を
使用するのも目の表面を保護している

油層・涙層・ムチン層という物質を
洗い流してしまいドライアイの原因にもなるので
控えるようにしてください。

もちろん、目に入った花粉を
洗い落とすという効果はありますので、

使用する際に十分な注意を払うのであれば
有効な方法ではあります。

では、なにで目を洗うのが
一番適しているかというと

使い切りタイプの人工涙液型点眼液です。

通常の点眼薬の場合には
長持ちさせるため防腐剤が含まれているおり
目に影響をあたえる恐れがあるのですが、

使い切りタイプであれば
1回分ずつパッケージされているため

防腐剤が入っておらず
目に負担をかける心配はありません。

しかも、人間の涙に近い成分になっていて
1回分で目についた花粉や
汚れが洗い流せるのでお勧めです。

ただし、やはり何十回も
1日に使用するのは目に
ダメージを与えてしまうので

使用上の中位を守って適度な
回数にとどめておくようにしましょう。

まとめ

花粉は思っているよりも
目にダメージを与えているので

よく起こる症状とはいえ、
その対処には注意が必要です。

普段コンタクトをしている方であれば、
この季節は眼鏡に変えたり
上手に工夫して乗り越えましょう。

スポンサードリンク

-健康
-,