生前整理の準備の仕方や業者を利用する際のポイントは? 生前整理の準備の仕方や業者を利用する際のポイントは?

生活

生前整理の準備の仕方や業者を利用する際のポイントは?

スポンサードリンク

長年の暮らしで増えた持ち物を、
人生の終盤に向けて
手放すことをえる人も多いでしょう。

そんなときは業者に頼むのも
一つの方法です。

そこで今回は、生前整理の準備の仕方や
業者を利用する際のポイントについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク

生前整理の準備の仕方や業者を利用する際のポイントは?

時間をかけて自力で持ち物を
少しずつ減らすことができればよいですが、

大量にある物の分別や
大型家具の処分など、
難しい場合もあります。

そんな時は、生前整理や
遺品整理などの業者の利用が
選択肢になります。

業者を利用する前にまず取り組むべきは、
重要な物が何で、どこにあるのかの把握です。

家族にもわかるように箱などに分類し、
区別しておくことが大事です。

分類するのは主に三つだ。
「通帳や権利書などの重要書類」

「宝石など、金銭的価値の高いもの」

「写真など、家族に持っていてほしい思い出の品」です。

これらをひと目でわかるように箱などに入れ、
詳細を書き記しておけば安心だ。

生活必需品など大事なものを除けば、
あとは処分してもよいと考えられそうです。

注意したいのは、日記など
誰にも見られたくない物の扱いです。

誰にも触れられたくないものは、
折を見て自分で処分しておきましょう。

自分の死後を考え、
生前に片づけを済ませたいという人は多く、

高齢者施設への入居などを機に、
持ち物の処分を迫られる人もいます。

片づけを思い立ったらまず
「自分や家族でどこまでできるか」を考えて、
難しい部分を業者に頼みます。

短期間で期日までに
処分してもらう方法だけでなく、

スポンサードリンク

業者によっては
スタッフが定期的に家を訪れ、

一緒に一つずつ物を確認しながら
作業を進めるサービスもあります。

自分の希望に合った業者を選びましょう。

費用は地域や処分したい物の量によりますが、
数十万円は必要です。

需要の高まりで様々な業者がいるが、
不当な高額請求などトラブルもあります。

必ず相見積もりをとるなどして、
比較検討してください。

●業者を利用する際のポイント
・必ず訪問による見積もりをとる。
 その際は1人で対応せず、家族らに立ち会ってもらう
・2~3社から見積もりをとり、即決しない
・見積書を見て、作業にかかる人数や日数、
 作業内容をチェック
・追加の費用請求がないか確認
・ゴミの処分方法が適正か尋ねる。
 不明点があれば自治体に問い合わせる
・契約書を交わす

まとめ

いかがだったでしょうか?

家の退去日など、
期日が迫っていると焦ってしまい、
悪質業者につかまる危険性もありますので、

投げ込みチラシや
電話勧誘のあった業者に飛びつかず、

家族らと相談し、1ヶ月程度かけて
業者を選ぶようにしてくださいね。

関連記事:生前整理のコツ、残すもののポイントとは?
     生前整理のメリットや残すものを仕分ける基準は?



スポンサードリンク

-生活
-