高圧洗浄機の利点や注意点は? 高圧洗浄機の利点や注意点は?

ショッピング 生活

高圧洗浄機の利点や注意点は?

スポンサードリンク

家庭で使いやすい高圧洗浄機が
多彩になってきました。

水を高圧で噴射し、
家の周りや車に付く泥汚れなどを
さっと洗い落とせる点が魅力です。

コードレスタイプであれば、
持ち運んで掃除もできます。

この時期増える黄砂や
花粉の汚れを取る際にも役立ちます。

そこで今回は、
高圧洗浄機の利点や注意点について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク

高圧洗浄機の利点や注意点は?

高圧洗浄機は噴射する水圧を
ノズルなどで調整しており、

低圧(水道蛇口の水流の約2倍)から
商品によっては30倍以上の高圧まで切り替えられます。

清掃機器メーカー「ケルヒャージャパン」の調査によると、
高圧洗浄機の全国の世帯保有率(推計)は
2024年が20.9%で、

2019年と比べて約7ポイント増えました。

マンション暮らしの20、30歳代を中心に、
小型で収納しやすいものや
モーター音が静かなものが人気です。

給水タンクや充電式バッテリーを内蔵する
コードレスタイプもあり、
持ち運んでさまざまな場所で使えます。

ケルヒャージャパンは家庭用に
「K2」「K3」などの商品を展開し、
1万~3万円程度で購入できます。

生活用品を扱う会社
「シナジークリエーション」は
2月、スマートフォンサイズに折りたためる

高圧洗浄機「GUN WASHER」
(1万5980円)を発売しました。

バッテリー内蔵で
約860グラムと軽量なのが特徴で、

バケツに入れた水をホースで吸い上げ、
1分間で4リットルの水を噴射できます。

アウトドアでも使いやすく、
売れ行きは好調です。

春に増える黄砂や花粉の汚れを
落とすときにも活用できます。

雨で車のボディーなどに黄砂や
花粉がこびりついてしまうことがありますが、

スポンサードリンク

布などで拭くよりも高圧洗浄機のほうが
傷を付けずにすみます。

ノズルを上から下に向けて洗浄すれば
汚れを効率的に洗い流せて時短になります。

「手が汚れず掃除できる」
「手が届きにくい場所に使える」
などの利点があり、

掃除の快適性や利便性を求める
消費者のニーズが高まっています。

家の種類によって使いやすいものを選んでください。

マンションなら狭い場所でも使いやすい
「タンク給水式のコードレスタイプ」、

戸建て住宅なら長時間使用できる
「コンセント接続で水道直結タイプ」
がおすすめです。

注意点もあります。

事故を防ぐため、
周囲の人に向けて噴射してはいけません。

また、川水や泥水を給水すると
砂が交じって傷を付けてしまう可能性がある。

塗装がはがれた外壁など
劣化した場所には使用しないでください。

汚れがさっと落ちるのは
気持ちがいいものですが、

いきなりフルパワーで噴射せずに、
様子を見ながら水圧を上げて
掃除してくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

高圧洗浄機は布やブラシで
力を入れてこすらずに済むので楽です。

素早く掃除できて、
きれいな状態を保てるのが利点ですね。

関連記事:正しい洗車の仕方や方法、タイミングや天気は?




スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,