介護と仕事の両立支援制度は? 介護と仕事の両立支援制度は?

生活

介護と仕事の両立支援制度は?

スポンサードリンク

年間10万人が、親などの介護離職で
仕事を辞めています。

親が年を取れば、やがて心身が衰え、
介護が必要になります。

在宅での入浴やトイレなどの介助で、
介護保険サービスを活用できず、

働きながら介護を抱え、
心身が疲弊した結果、
仕事を辞めざるを得ない人が増えています。

そこで今回は、
介護と仕事の両立支援制度ついて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク

介護と仕事の両立支援制度は?

個人や家庭内にとどまる問題ではありません。

推定590万人もいる
「団塊の世代」が2025年、

介護が必要になりやすい
75歳以上になります。

介護を受ける高齢者の
子ども世代の中心は
40~50歳代です。

技能やノウハウを積み、
企業で中心的な役割を
果たしている人も多いはずです。

離職は経営上のダメージになるでしょう。

多くの企業が直面するため、
国内経済を揺るがしかねません。

国の試算では、介護を担う正社員など
「ビジネスケアラー」が

2030年にピークに達し、
9兆円超の経済損失が出る見通しです。

介護と仕事の両立支援は、
育児・介護休業法に基づき、
企業には両立支援が義務づけられています。

従業員は最長93日の
「介護休業」を3分割したり、

年5日間の「介護休暇」を
1時間単位で取ったりできます。

時短勤務や深夜業の免除、
親の介護にかかった経費の補助といった、
企業の支援メニューも利用できます。

政府によると、2022年に
介護休業を取った人の割合は1.6%でした。

スポンサードリンク

企業が就業規則に両立支援を盛り込んでいても、
従業員が気付かないことが考えられます。

積極的に周知すべきです。

政府は、両立支援の具体例を示した
企業向けガイドライン(指針)の策定を進めています。

介護離職が起きやすい職場の特徴や、
離職者が出ることに伴う

経営リスクなどの実例を紹介し、
企業に支援強化を促す考えです。

また開会中の国会に、

40歳になった従業員に介護休業などの
両立支援制度について周知することを、

全ての企業に義務づける
改正育児・介護休業法案の提出を予定しています。

●介護と仕事の両立支援制度と現状
介護休業:
対象家族1人につき最長93日を3分割で取得可能。
雇用保険から休業前賃金の約3分の2の給付金を支給

介護休暇:
対象家族1人で5日、2人以上で年10日まで。1時間単位で取得可能

時短勤務など:
短時間勤務、フレックスタイム制度、時差出勤、
介護費用の助成のいずれか

その他:
時間外勤務や深夜業の免除

まとめ

いかがだったでしょうか?

介護を企業経営、
ひいては社会全体の問題として
踏み込んだ対策が必要ですね。

関連記事:仕事と介護の両立に関する企業の義務は?
     一般介護予防事業とは?



スポンサードリンク

-生活
-