旬の食べ物

牡蠣料理の調理のポイントは?カキフライの揚げ方と他料理のカロリー

2017/03/04

冬の旬の魚介類といえば
蟹やブリの他に牡蠣がりますが、

この牡蠣の正しい調理の仕方を
ご存知でしょうか?

そこで今回は牡蠣の
調理の仕方やポイント

みなさん大好きな
カキフライの揚げ方や

その他の牡蠣料理のカロリーについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

牡蠣料理の調理の仕方とポイント

店頭で売っている牡蠣には
生食用と加熱用の2種類がありますが
これは牡蠣自体の

鮮度の問題とは全く関係がありません。

生食用と加熱用の違い

牡蠣は海域によっては
ノロウイルスに汚染されている
ところもあるため

国が指定する
食品衛生検査機関の検査の結果、

生食に適さないと判断された海域で
収穫されたものが加熱用として
出荷されるからです。

また、牡蠣の旨味が
加熱によって損なわれない時期、

3~5月にもノロウイルスに
汚染されていない海域で
収穫されたものが
加熱用として出荷されています。

そして、生食用の牡蠣も
滅菌洗浄が行われるため
身が痩せてやや水っぽく
なっていたりすることもあるため、

始めから加熱調理をするつもりであれば
加熱用の牡蠣を購入されることをお勧めします。

加熱の仕方

加熱用の牡蠣を
調理する際の注意点としては、

ノロウイルスが蓄積している場合に
加熱が不十分なまま食べしまうと
食中毒を引き起こす危険性があるので

牡蠣の中心部が
85度以上になるようにし、

そこからさらに1分以上加熱し続けてくだい。

また、外側の温度が
60度程度では30分以上加熱しても

蓄積されているノロウイルスは
死滅しないため、

煮る場合には
沸騰させた煮汁に投入したあと、
必ず再沸騰させましょう。

殻付きの調理

場合によっては殻付きの牡蠣を
購入されることもあると思うので

ここでその調理の仕方をお伝えします。

まず、殻が汚れている場合は
タワシなどで擦っておとします。

まな板の上にタオルや
キッチンペーパーを敷き

その上に平らな面を下、
膨らんでいる面を上にして牡蠣を置きます。

牡蠣の貝柱は
やや中心部からはずれた外側にあるので

そこを殻からはずして殻を取るために、
果物ナイフや洋食ナイフの刃先を
殻の隙間に差し込みます。

隙間が開いていない場合には
殻が比較的薄くなっている部分を
叩いて割りましょう。

牡蠣の身を傷つけないように
ナイフの刃先を上の殻の
内側に当てるように沿わせ、
貝柱がある辺りまで進めます。

貝柱をカットすることさえできたら
あとは簡単に殻を外すことができるので

ナイフを使って隙間を広げたら
後は手で外します。

上の殻を外したら下の殻にもナイフを殻に当てながら身を外せば
むき身のできあがりです。

むき身になったら調理する前には
殻の破片や汚れを取り除くため
ザルにあけ、そのままボウルに移した後

小さじ1杯の塩(6g)と片栗粉(3g)を
入れて優しく混ぜ、牡蠣の3倍程度の水で
2~3回すすぎましょう。

それをまたザルにあけて
水を切れば下処理は終わりです。

因みにからのまま家庭で
調理するのなら電子レンジがお勧めです。

耐熱用の皿に牡蠣を
平の方を下にして重ならないように並べ
ラップを隙間が開くようにふんわり掛け、

500ワットの出力で
1個だいたい3分を目安に加熱します。

牡蠣が開いたら出来上がりです。
非常に熱くなっているので取り出す時には
布巾やミトンなどを使って火傷に注意しましょう。

スポンサードリンク

牡蠣料理 カキフライの上手な揚げ方

ここではカキフライの
上手な上げ方についてお伝えするのですが、
前の章でもお伝えしたように

加熱用の牡蠣にはノロウイルスが
蓄積されていることもあるため、
その調理には注意が必要です。

つまり、美味しい揚げ方と
安全な揚げ方を踏まえたのが
上手な揚げ方というわけです。

安全な揚げ方は
中心部を85度上にするため

キツネ色になってから
170度まで油の温度を下げて
そこから1分待ちましょう。

こうすれば牡蠣の中心部を
85度以上で加熱することができます。

ですが、牡蠣は加熱しすぎると
美味しくないので
加熱時間をできるだけ
短くしたいところではあります。

では、どうするかというと

生食用の牡蠣を用いれば
たとえ短時間で調理したとしても
ノロウイルスによる食中毒を
起こす心配はありません。

生食用ではやや旨味が
劣ると思うのでしたら、

3月から出荷される
旨味をたっぷり蓄えた
加熱用の牡蠣を使った上で
十分に加熱すれば

食中毒を恐れることがない

美味しいカキフライを作ることができます。

その場合の揚げ時間は
大きさにもよりますが

油に投入してから
1分30秒~2分が目安です。

牡蠣料理のカロリー

牡蠣は他の食材と比べても
ローカロリーです。

生では100g 60Kcal で

カキフライは 100g 196Kcal と

トンカツと比べて1.5倍以下なので
ダイエット中に揚げ物が
食べたくなった時はお勧めです。

また、最近人気になっている

アヒージョも100g 199Kcal なので

こちらも油を使用している割には
200Kcal以下となっています。

※こちらのサイトのエビのアヒージョを元に計算いたしました。
参考:カロリーslism

牡蠣ご飯もまた 100g 143Kcal と
通常の白ご飯の100g 168Kcal よりも

むしろカロリーを
低く抑えることができるので
ダイエット中の方は牡蠣料理を
積極的に摂取されてみては?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
牡蠣を美味しく安全に調理するのは
一見難しく感じますが、

手順を正しく把握していれば
思っているほどではないので

ぜひ、殻付きのものも含めて
挑戦してみてくださいね。
関連記事:失敗しないカロリー制限ダイエットのまとめ

スポンサードリンク

-旬の食べ物
-