健康

日焼けで目のメラニン色素が茶色くなる?紫外線をコンタクトで防ぐには?

スポンサードリンク

日差しの強い季節になると、
気を付けなくてはいけないのが
肌の日焼けとともに目へのダメージとなる日焼けです。

最近目のメラニン色素が薄くなったり、
前より茶色くなったと感じたことはありませんか?

そこで今回は目の日焼けに対する影響や
メラニン色素の低下、
目を紫外線の日焼けから守るための
コンタクトレンズの有効性と注意点について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

日焼けで目のメラニン色素が茶色くなる?

まず最初に冒頭からの疑問である、
日焼けによって目のメラニン色素が抜けて
茶色くなるのかどうかについてですが、

太陽からの紫外線からの影響によって
目のメラニン色素が薄くなったり、
茶色くなったりすることはありません。

では、逆にメラニン色素が薄くなったり
茶色くなった目を日に当てることで
黒くなるかというと、それもありません。

なぜなら、目のメラニン色素の役割とは、
メラニン色素が紫外線を吸収することで

細胞の中のDNAが傷つくのを
防ぐことにありますので

もし、仮に紫外線の影響を受けているのであれば
むしろ目のメラニン色素は濃くなっていくはずです。

しかし、実際にそんなことはありません。

理由は簡単で、目のメラニン色素の濃さは
あらかじめ遺伝的に決まっていて

肌のように日の光や紫外線を浴びることで
後天的に変化することがないからです。

ただ、まだ未成年の場合は成長や老化によって
遺伝的な特徴がより強く現れたり、

逆に抑えられているということもありますので
あまり強く気にしたり心配することはありません。

よく白内障で白く濁った目の画像を
目にすることもあるかもしれませんが、

白内障は紫外線によって、
眼球にある水晶体のタンパク質を変性させて
白くにごらせるのであって、

日に焼けたりメラニン色素が抜けて
瞳の色を変化させているわけではありません。

ただ、目が肌のように焼けて黒くなることはなくとも
目が強い紫外線を受けることによって

角膜に炎症を起し、この炎症が引き金となって
メラニン色素の合成を促がされて活発になるため
肌への日焼けには影響を及ぼします。

ですので、目のダメージを減らしたり
肌を黒くさせたくないのであれば、

むしろ目に紫外線とを浴びるのは
極力防ぐ必要があります。

目を紫外線の日焼けから守るコンタクトとは?

目からの紫外線を防ぐには、
日頃から日差しの強い日中の外出を控えたり

外出するのであれば日傘やつばの広い帽子、
またはサングラスをなどを着用するのが
効果的ではあるのですが、

一般の方や会社にお努めの方では
そういった対策はほぼ可能ですよね?

では、どのようにして
紫外線から目を守ればよいのかというと、

コンタクトレンズを利用すればよいのです。

実はコンタクトレンズには紫外線(UV)をカットする
機能がついているものもあります。

この紫外線カット機能のついた
コンタクトレンズを使用すると

メーカーやレンズの種類によって
差はありますが、目から受ける紫外線の

だいたい90%はカットできるとわれています。

詳しくいうと紫外線の主な2種類のうち、

UV-Aは81%~96%、

UV-Bでは実に95%~99%をカットでき

紫外線による目へのダメージを
驚くほど軽減することが可能です。

また、メガネやサングラスでは隙間から入る
紫外線まではを防げませんが、

コンタクトレンズは目に直接入れて
瞳(黒目)に密着しますので

より紫外線をカットするのに効果的な対策といえます。

ただ、やはりコンタクトレンズとはいえ
目に異物長時間入れるというのは

細菌で角膜を炎症したり、

ドライアイの原因や着脱時に
角膜を傷付けるリスクもありますので、

普段コンタクトレンズを付ける必要がないほど
視力が良い場合には、

たとえ目の紫外線対策のためであっても
強くお勧めすることはできません。

そして、当然のことですがコンタクトレンズは

瞳の部分しか保護されておらず、
それ以外の白目の部分に受ける
紫外線を防ぐ効果はありませんので

過信は禁物です。

また、紫外線(UV)カット用
コンタクトレンズに使用されている
紫外線吸収剤は人によって合わなかったり、

吸収剤が溶け出すのを防ぐ技術は使用できる種類が
「医薬品医療機器等法」で制限されていますので

まずは医師に相談し、
自分にはどのようなタイプの
紫外線カット機能のついた
コンタクトレンズが合うのか

調べてから装着するようにしてくださいね。

まとめ

目の色素の濃さと日焼けや紫外線に
直接的な因果関係は薄いかもしれませんが、

目の健康を保つためにはそれとは別に
紫外線対策が欠かせませんので、

安心しきってしまわずに
日頃からの紫外線対策を
怠らないようにしてくださいね。

関連記事:目が日焼けで充血して赤い原因とは?ケアの方法や目薬どうする?

スポンサードリンク

-健康
-,