イベント 行事

ハロウィンの傷メイクがアイプチやつけまのりでできる?水性ペンやボールペンでも?

スポンサードリンク

ハロウィンといえば様々な仮装や
コスプレが欠かせませんが、

その中でもホラー系の扮装には
血糊などを用いた傷メイクが欠かせませんよね?

でも、そのためだけに
特別な道具を購入したり
準備をするのは面倒ですよね。

なにより、そのようなメイクを
自分だけでするのは難しそうと
嫌厭されるかもしれません。

ですが、そうでもありません!
実は身近にある道具だけで
かなり本格的な傷メイクができちゃうんです。

そこで今回は、アテプチやつけまのりで
傷メイクを行う方法と

水性ペンやボールペンでの方法について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

ハロウィンの傷メイクがアイプチやつけまのりでもできる?

あなたが日頃メイクを行っているのであれば、
アイプチやつけまのりなどが身近にあったり、
すぐ手に入る環境にいると思います。

そうではない環境にいたり
男性である場合でも、アイプチや
つけまのりなんかは100円ショップの
メイクコーナーに行けば簡単に手に入りますので、
あきらめる必要はありませんよ!

それでは全ての材料をお伝えします。

●アイプチまたはつけまのり

●固形ファンデーション(しっとり系)

●紫と赤系のアイシャドウ

●ティッシュ、綿棒、スポンジ

●血糊またはグロス

ファンデーションやアイシャドウ、
グロスなどがない場合にも
100円ショップでついで
ご購入されておくよいでしょう。

血糊もハロウィンシーズンになると
100円ショップで取り扱っていることも多いので
見つけたらグロスよりもこちらを優先しましょう。

もしも、血糊ががない場合には
赤の絵の具や水性ペンで
代用することもできますが、

こちらの記事を参考に
自分で作ってみてはいかがでしょうか?
ハロウィンでの血糊の衣装の付け方とやり方、100均でもできる作り方は?

●メイクの仕方

1.傷を作りたい場所にあらかじめ下地を塗っておきます。
 やはり健康な肌についている傷よりは
 ダメージ感が出た肌が傷ついている方が
 それらしく見えて違和感もなく、
 より効果的になります。
 
2.アイプチやつけまのりを綿棒で
 目的の傷の形に塗り、
 そこにテッシュを貼っていきます。
 
 切り傷の場合はアイプチやのりを唇状に塗り
 傷口になる部分はあけておいて、
 適当にテッシュを貼って 
 はみ出たテッシュをちぎって形を整えます。

3.スポンジを使ってファンデーションを
 叩くようにしてティッシュ部分に付けると同時に
 地肌との境目をなくしていきます。

 より自然に見せるのには
 しっとり系のコンシーラーがオススメです。

4.紫や赤のアイシャドウであざを作ります。
 均等に塗るより不揃い方が
 それらしくなりますので、

 綿棒やスポンジでぼかしながら
 着色していきましょう。

5.テッシュで『こより』を作り、
 地肌になっている傷口の部分に詰めます。

 この時こよりを接着するために
 アイプチやつけまのりを傷口に塗ります。
 コツとしてはこよりを大きめに作り、
 はみ出た部分をちぎると簡単ですよ。

6.こよりに血糊を付けます。 
 この時たっぷり付けたほうが
 目立ちより傷っぽくはなるのですが、

 一度にたくさんつけると
 こよりが剥がれやすくなるので
 少しずつ盛っていきましょう。

あとは全体のバランスを見て
ファンデーションやアイシャドウで
微調整すれば完成です。

文章だけでは伝わりにくいと思いますので
下記の動画をご参考にしてくださいね。

ハロウィンの傷メイクを水性ペンやボールペンでもするには?

ここまでお伝えした方法で、
自分で傷メイクを作ることができると
分かっていただけたと思いますが、

もっと簡単に、しかも使う道具も
少なくしたいという方にお伝えするのが
水性ペンを使った方法です。

材料も赤と黒の水性ペンと綿棒と爪楊枝、
事務用の液体ノリだけでOKです。

1.まずは傷を作りたい場所に
 赤いペンで線を引き、
 水で湿らせた綿棒でぼかしていきます。

2.先程引いた線の上に今度は
 黒のペンで線を引き同様に
 綿棒でぼかしていきます。

 この行程を3~4回、
 傷っぽい色になるまで繰り返します。

3.傷っぽくなったら、
 そこに液体ノリを塗り綿棒で伸ばします。

4.半乾きになったら爪楊枝で
 適度に引っ掻いてより傷っぽく見えるようにします。

5.パレットなどに赤と黒のペンを塗って
 水で湿らせた綿棒を付けて混ぜ、
 それで傷の着色を行えば完成です。

下記の動画が参考になりますよ。

もっと簡単に傷メイクをしたいのであれば
ボールペンを用いた方法はいかがでしょうか?

材料は3色ボールペンと綿棒だけです。

1.傷メイクを行いたい部分に
 ボールペンの黒で線を引き、
 水で湿らせた綿棒でぼかします。

2.次にボールペンの赤で同じ箇所をなぞります。
 この時、先程の黒の線より太めにしてぼかすと 
 より傷っぽくなります。

3.最後に青のボールペンで傷の線周辺に軽く線を書き、
 多めの水で湿らせた綿棒でぼかせば完成です。
 
この方法はこちらをご参考ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

記事を読んだだけでは
イマイチわかりにくくても、

動画を見ながら実際にやってみると
案外簡単にできるので、

仮装に気合をいれたいという方は
材料費もかからないので
ぜひ、試してみてくださいね。

関連記事:ハロウィンの牙は100均のネイルチップで手作りすれば安い!?付け方は?

スポンサードリンク

-イベント, 行事
-,