生活

自転車の子供のぶつかる事故を防ぐには?ヘルメットを嫌がる場合と道路交通法に適したポイントは?

スポンサードリンク

夏休みは子供だけで
自転車に乗る機会が増えますが、

行動範囲が広ろがる分、
車との出会い頭の事故に遭う危険性も
高まるなど、親としては不安が大きいですよね。

そこで今回は子供の事故を防ぐ注意点と
ポイントについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

自転車の子供のぶつかる事故を防ぐには?ヘルメットを嫌がったら?

まず、最初に行うこととしては
親子一緒に近所を走るなどして、
危険な場所を子供と確認しておきましょう。

次に、自転車は車の仲間であり、
必ず道路の左端を走り、
標識や交通ルールを守るように教えます。

この際には、道路標識の簡単な説明も
同時に行っておきましょう。

年頃の子供の場合には、
ヘルメットの着用を
嫌がることもあるかもしれませんが、

もしもの事故に対して、
ヘルメットを着用している場合では

その死亡する割合を
約1/4にまで低減する
という
データ※がありますので

頭を守るためには
必ず着用させるようにしてください。

※交通事故総合分析センター

交差点では「止まり」の標識が無くても
一時停止して左右確認後に渡せます。

13歳未満であれば
歩道(車道寄り)を走ることも
許されています。

また、サドルは両足の爪先が
つく近さに調整するなど

自分の体格に合った自転車に乗ることや
自転車を定期的に点検することも教えましょう。

ブレーキの効きが悪いなど
整備をしていない自転車に乗ると
命にも関わりますので、

子供だけではなく大人の目でも
こまめに点検してくださいね。

ただ、安全運転が大事と分かっていても、
クラスメートと遊んでいると、

楽しさのあまり、交通ルールを
忘れてしまう子供も少なくありません。

例えば

「友達と住宅街で並走したり、スピードをだしすぎる」

「子供が車と接触したことがあり、肝を冷やした」

など、あなたも一度はこれらを
経験したことがあるはずです。

特に注意したいのは、
交差点での事故であり、

小学生の自転車事故で最も多いのが
車との出会い頭の事故です。

裏道の交差点や幹線道路と
脇道の交差点で多発しています。

幹線道路の交差点では車が左折する際に、
自転車を巻き込む事故も目立っています。

歩道を自転車で走る小学生は
ドライバーの死角になりやすいので、
車の動きに注意させましょう。

自転車に乗れば、
自分がケガをすること以外に

歩行者などにケガをさせ、
加害者となる可能性もあります。

こうした点も子供に説明して、
歩道は歩行者を優先し、

すぐに止まれるような速さで
走ると言った点も徹底させましょう。

運転時の注意は口で説明するだけではなく
子供の行動範囲を親が一緒に自転車で走り、

どこが危ないのか、
どのみちのどの場所を通ればよいのかなどを、
子供と一つ一つ確認していくと効果的ですよ。

自転車の子供を守る道路交通法に適したポイント

●安全走行のポイント
.必ずヘルメットを着用する

.左右と後方を確認後にこぎだす

.道路左端を走る。
 13歳未満は歩道(車道寄り)も走行を許されている

.すぐに止まれる速度で走る

.交差点では一時停止して、左右を確認して渡る

.親子で一緒に走って、ルートや危険箇所を確認する

.自転車専門店で年に1回は点検、整備する

自転車を点検する時の合言葉
『ぶたはしゃべる』

 ブレーキは利くか

 タイヤの空気圧やすり減り具合

 反射材は光るか

しゃ 車体(ハンドル・サドル・チェーン)
   に不具合はないか

べる ベルは鳴るか

まとめ

いかがでしたでしょうか?

親子で交通ルールを確認したり、
近所の危険箇所の地図を作ったりして、[

楽しみながら安全対策を学ぶのもお勧めですよ!

関連記事:SNSで子供を事件や性被害などの犯罪から守るには?その防犯方法

スポンサードリンク

-生活
-