レジャー

紅葉撮影の露出補正と絞りのポイントとは?難しい技術は必要ない?

紅葉が赤や黄色に色づき始めると
それを撮影して綺麗な写真として
残しておきたくなりますが、

いざ、撮ってみると実際に目で見た色と
モニターに写っている紅葉の色が違っていたなんて
経験はないでしょうか?

そこで今回は、紅葉を撮影する時の
カメラの露出補正と絞りの設定について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

紅葉撮影における露出補正のポイント

冒頭でもお伝えしましたが、
実際に見た目で感じた紅葉の色合いと

カメラで撮影したものを比べた場合に
ずいぶんと違う印象に感じることがありますよね?

これは、デジタルカメラの機能である
オート露出を使って撮影された場合によく起こります。

オート露出機能は、
被写体からの光の反射率を
自動で判断して適正な露出にして
撮影できる仕組み
なのですが、

反射率が低い色合いであった場合には、
カメラの判断も暗いと認識するため、
明るく写るように露出を調整します。

そのため、被写体によっては
見た目より明るく写ってしまうために

目で見た印象と異なった写真になってしまうのです。

では、どうすれば見た目に近い色合いや
自分の印象どおりの写真になるのでしょうか?

それを調整する機能が露出補正です。

露出補正とは、露出の割合を
細かく調整できる機能で

一眼レフに限らずコンパクトカメラにも
ほぼ搭載されています。

使い方はお持ちのカメラによって違いますが、

撮影設定項目の

『+/-』の表示

それにあたります。

では、具体的にどのように
使用すればよいのかというと、

露出補正は+プラスに近づけば近づけるほど
撮影した写真は明るくなり、

-マイナスにすればするほど写真も暗く写ります。

なので、まずは設定を確認してから
試しに周囲の景色を撮影してみてください。

次にこの露出補正機能を
プラス、マイナスどちらでも良いので

少し変えてからまた
先程と同じ景色を写してみましょう。

どうです?露出補正の違いが
より実感できたのではないでしょうか?

ちなみに、機種によって変えられる数値も
1/3ずつや1/2ずつなど違いますので、

ご自分が持っている機種の段階設定を
よく把握した上で調整されることをお勧めします。

ポイントとしてはマイナスにすればするほど、
写りが暗くなるとともに赤色も濃くなり

プラスにすればするほど
全体的に明るくなって黄色が綺麗になります
ので、

写したい被写体や光のあたり具合によって
上手く調整してくださいね。

スポンサードリンク

紅葉を撮影する時の絞りの設定は難しい?

紅葉を上手く撮影する時に悩むのが
ピントを合わせるための絞りの設定ですが、

ピントを強くしてしまうと、
画面全部がはっきり写ってしまって
面白みのない平面な印象になってしまいます。

逆に、あえて絞りを小さくすることで
手前の被写体だけにピントが合うため
より印象深い仕上がりにすることが可能です。

では、どのように設定を変えるのかというと
難しく思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

実はそこまで難しくないので
ぜひチャレンジしてみてください。

絞りを自分で調整する方法は
カメラの設定を「A(絞り優先)」か
「M(マニュアル)」にする必要があります。

ただ、M(マニュアル)にすると
全部の設定を完全に手動で
行わなくてはいけないため
今回はA(絞り優先)に合わせましょう。

カメラの左側に付いているダイヤルを
「A」に合わせ(機種によっては「Av」)
るだけで設定は完了です。

絞りの数値の表示は場所は
プレビュー画面や右上など機種によって違いますが、
「F」とそれに続く数字が目印になります。

数字を調整するダイヤルの位置も
機種によって微妙に違いますが、

大抵は右手の人差指で操作できる
位置にあることが多いので調べてみてください。

絞りの数値であるF値はレンズによっても
最小値、最大値が違いますが

数値が小さければ小さいほど
ピントの範囲も小さくなり、

大きければ大きいほど
その範囲も大きくなる
ので

数値をいじったあと
何度か実際に撮影した上で
感覚を身につけてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
露出や絞りの設定は初心者にとっては
少々難易度が高く感じるかもしれませんが、

一歩踏み出してみると以外と簡単に
調整することがお分かりいただけると思います。

撮影の全てをカメラのオートまかせにして
撮影するのも良いですが、

撮影技術をアップさせて
ワンランク上を目指すのであれば
ぜひ、一度挑戦してみてくださいね。

関連記事:紅葉を撮影するとき天気にはどう対応する?曇りや雨天の場合は?

スポンサードリンク

-レジャー
-,