イベント 行事

運動会での親やママの持ち物と服装はどうする?ファッション写真10選

春や秋の運動会といえば
子供が主役となる行事ですが、

保護者であるママさんにとっても
当日に向けての準備が大変な行事の一つですよね。

子供のための準備に手間取って、
当日会場に着いてから「あれを忘れた!」や
「これを持ってくればよかった!」などと
後から後悔したり方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、
運動会で持っていくのに
必要なものや便利なもの、

観覧するのに最適な服装や
ファッションについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

運動会で親やママの持ち物はどんなものが必要?

まずは肝心の運動会を快適に観覧するために、
必要なものからご紹介します。

●レジャーシートorブルーシート

立って観覧することも多いかもしれませんが、
ずっと立ちっぱなしだとやはり疲れてしまいます。

場所取りなどのことを考えると面倒かもしれませんが、
お子さんが出場しない時間に離れたところで休むこともできますので
持っていっておいて損はないでしょう。

●座布団or折りたたみ椅子

座っている時間が長いとどうしてもお尻が痛くなりますので
小さいものでも良いので持っていくと快適です。

折りたたみ椅子は地面に直におけるのでね
シートを持っていったり場所取りするのが
面倒な場合にお勧めです。

●タオル
開催される季節が初夏や秋口とは言え、
暑さを感じることも多いと思いますので
汗を拭くためのタオルは持っていった方が良いでしょう。

かさばるのが嫌な場合は、
ハンドタオルのような小さなものでも大丈夫です。

●帽子or日傘
こちらもタオルと同じように、
暑さや強い日差しから身を守るためには
必要なものといえるでしょう。

特に初夏や秋というのは夏以上に
紫外線の量が多いのでその対策が必要になってきます。

●日焼け止めorアームカバー
上記と同じ理由で、万全の対策を取られるのであれば
準備しておくに越したことはありません。

●扇子or団扇

冷房設備がないため、
晴天の日はじっとしているだけでも
耐えるのが辛い暑さになることもありますので、
暑さが苦手な方は多少見苦しく感じても
準備だけはしておきましょう。

●飲み物

学校内には自動販売機がないので
水分を補給するために忘れず用意しておきましょう。

お子さんの水筒ばかりに気を取られて
案外このあたりがおろそかになることも
ありますので忘れずに!

●お弁当or自分たちの昼食
学校によっては子供と一緒に
お弁当を食べないところもありますから、

そのような場合にどのようにして
自分たちの昼食を取るのか
あらかじめ考えておきましょう。

●食器
現地でお弁当を召し上がる場合には、
人数分の箸や取り皿を持っていく必要があります。

この時に余分に持っていくと、
落とした場合やお友達が加わったときに
足りなくて困るという心配がないですよ。

●保冷剤orクーラーボックス
凍らせた保冷剤はお弁当の腐敗防止や
涼が欲しくなった時の暑さ対策に使え、

それをしまっておくための
クーラーボックスはペットボトルなどの
飲み物も冷やしておけます。

また、観戦のための高さがほしい時には
脚立代わりに使用することもできるので、
持ち運ぶのは大変ですが意外と便利ですよ。

●ティッシュorウエットティッシュ
食事をこぼしたり汚れを拭く時に便利です。
ただ、そのまま持っていくとかなりかさばるので
ポケットテッシュか携帯用を
複数持ち込むのをお勧めします。

以上が運動会の観覧で必要なものや便利なものですが、
学校によっては独自の規則など設けられていて
持ち込みを制限されている
ものもあります。

特に日傘や折りたたみ椅子などは
他の観覧者や保護者の迷惑になるからと
禁止されているところも多い
ので
事前の確認を十分に行っておきましょう。

運動会でのママの服装やファッションどうする?写真10選

運動会の観覧で悩むのがどのような服装や
ファッションをしていくかですが、

例え参加する予定がないとしても
学校の行事であるため、
あまり派手なものは避けておくのが無難です。

また、運動イベントでもあるので
スカートやショートパンツなど
あまり運動に適さないものもふさわしくありません。

かと言ってわざわざジャージで行くのも
保護者なのに気合が入りすぎている印象を
持たれて浮いてしまう可能性が高いので、

デニムやチノ素材のパンツスタイルが最適です。

トップスもTシャツやボーダーなどの
軽めのものが良いですね。

あまり厚手の服装で行くと、
観覧中に暑くてどうしようもなく
困ってしまうこともあるので気をつけましょう。

ポイントとしては、
温度調節ができるように
トップスを軽め
にし、

それとは別にカーディガンや
パーカーなどの羽織るものを1枚持っていく

曇っいる場合や風が強い日の防寒にもなります。

日焼けが気になる場合には
長袖のものを準備しておいてもよいですね。

足元もヒールの高いものは極力避け、
スニーカーやスリッポンなど
できるだけ軽いものにしましょう。

競技の参加予定がなくとも
なにかと運動場を動き回ることが多いので
動きやすさを重視してくださいね。

スポンサードリンク

ではここから、
ママ向けのファッションを10選ご紹介します。


出典元:http://wear.jp/


出典元:http://wear.jp/


出典元:http://www.niau.jp/codesearch/gakko/undoukai/13201504026362.php


出典元:https://kaumo.jp/topic/52672


出典元:http://www.niau.jp/codesearch/gakko/undoukai/15201605030912.php


出典元:http://www.niau.jp/codesearch/gakko/daytrip/21201503026180.php


出典元:http://wear.jp/


出典元:http://wear.jp/


出典元:http://www.niau.jp/codesearch/gakko/undoukai/13201509028147.php


出典元:http://www.niau.jp/codesearch/gakko/undoukai/13201509028147.php

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子供の活躍や成長を見るのは
親であるあなたにとっての喜びでもありますが、

おしゃれを楽しみながら参加すると
その応援にもよりいっそう
熱が入ること間違いなしですよ!

関連記事:運動会の写真が肖像権で撮れない?場所取りや脚立が禁止されていたら?

スポンサードリンク

-イベント, 行事
-,