健康 生活

スギヒラタケを食べるとなぜ食中毒で死亡する?症状や別名、呼び名は?

スポンサードリンク

キノコ狩りの季節を迎えていますが、
かつては食用とされていた
「スギヒラタケ」は、近年の研究では
危険と考えられています。

食用かどうか見分けがつかないキノコは
食べないことが重要です。

スポンサードリンク
  

スギヒラタケを食べるとなぜ食中毒死亡する?症状は?

農林水産省は2017年の9月、

「スギヒラタケは食べないで!」

注意を呼びかけました。

スギヒラタケは均シメジ科のキノコで、
栽培はされていませんが、

かつては東北や北陸、
中部地方を中心に広く食べられています。

しかし、2004年以降スギヒラタケが
原因とみられる急性脳症の報告が相次ぎ、

同年は役60人が発症し、
うち19人が死亡しています。

報告があった当初は、
腎臓の機能が低下している人が食べた場合に

意識障害や痙攣など急性脳症になる
と考えられていました。

その後、腎臓に以上がない場合でも
発症する事例が報告され、

農林水産省や厚生労働省で
研究を進めましたが、

現在でも安全に食べられる
キノコかどうかはわかっていません。

また、有毒成分も特定されていないので、
残念ながら加熱すればたべられるかどうかも
はっきりしていません。

スギヒラタケの別名や呼び名は?

スギヒラタケは晩夏から秋にかけて、
スギやマツなどの針葉樹の倒木や
切り株などに発生します。

白色で2~6センチほどのかさが、
重なりあって群生するのが特徴です。

地域によって「スギカノカ」
「スギワカイ」「スギゴケ」
など、

異なる名前で過ぎれることもあり
注意する必要があります。

古い文献やウェブサイトでは
『食べられるキノコ』として
紹介されていることもあるので
気をつけなくてはいけません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

2016年はキノコが原因で
110人の方たちが食中毒を発症していますので、

食べられるかどうか疑わしいキノコは、

「採らない」「食べない」

「売らない」「人にあげない」

ことが重要ですね!

関連記事:ヒアリの体調不良を経験した話と野外や野山の虫刺され、虫よけ対策



スポンサードリンク

-健康, 生活
-,