ショッピング 生活

一人暮らしのペットの暖房は?温度管理や電気代、光熱費はいくら?寒さに強いのは?

一人暮らしをしている方の中には
ペットを飼い始めたばかりの方や、

これからペットを飼いたいと
思っている方もいらっしゃるでしょう。

そんな時に気になるのが
冬場の暖房や温度管理ですよね?

そこで今回は一人暮らしで
ペットを飼う場合の暖房の

温度や管理の仕方、
それにかかる電気代や光熱費、

一人暮らしでも飼える
寒さに強いものについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

一人暮らしでペットの暖房や温度管理はどうする?

冒頭でもお伝えしましたが、
一人暮らしでペットを飼っている場合に

心配になるのが暖房の温度設定や
その管理ですが、

当然、ペットによって
その最適な温度は違います。

例えば、犬の場合は一般的に
18度から22度が適温とされています。

しかし、一言で犬と言っても
大型犬と小型犬では違いますし、

子犬や痩せている犬、
また老犬の場合は

体温を調整する機能が低下しているため
寒さに強くありません。

世間の認識では、犬は寒い日でも
散歩をせがむぐらい寒さに強い
動物だと思われていますが、

それもやはり一部中型犬や大型犬、
あるいは生えている被毛が

上毛と下毛で2層構造になっている
ダブルコートと呼ばれる

毛の特性をもった犬種に
限られてきますので
すでに飼い始めている方は、

ご自分の愛犬の犬種を
ちゃんと把握することが重要です。

猫の場合にはご存知のように
元々寒がりな動物であるため、

犬の暖房温度よりも少し高く

20度から23度か適温とされています。

猫の場合は犬ほど犬種によって
求められる温度の差はないので、

上記の温度をキープするように
心がけてくださいね。

ただ、一人暮らしだと
その温度管理もなかなか
思い通りにに維持することも難しいでしょう。

そういう場合は、設定温度を上記より
1度から2度高めに設定すると、

部屋全体として適正な温度に
維持することができますよ。

とはいえ、一人暮らしは
できるだけ電気代や光熱費を
節約したいですよね。

そのような場合には
どうすればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

一人暮らしでペットかかる電気代や光熱費は?

一人暮らしでペットを飼っているとはいえ、
できるだけその費用は節約したいですよね?

では、実際どれぐらい
電気代がかるのかというと、

お住まいになっている部屋の広さや
暖房器具によっても違いますが、

主にエアコンをで暖房した場合、
設定温度を24度ですと

ワンルームの場合はだいたい

4500円~5000円はかかります。

部屋数が増える場合には
さらにその部屋を
温める電気代もかかりますので

二部屋の場合には、
さらに5000円程度かかってしまうので
合計で10000以上にもなってしまいます。

ですので、光熱費を
低く抑えたい場合には

できるだけ一部屋だけで
エアコンを使用するようにし、

その設定温度も可能な限り
下げるようにしましょう。

とはいえ、先程お伝えした
ペットに最適な室温は保つ必要があります。

このような時はどうすれば
よいのかというと、

エアコンの温度を
最低ラインである20度に設定し、

その補助として別の暖房器具を
使用されるとよいでしょう。

ではどんな暖房器具を
補助に使えばよいのかというと、

オススメは加湿器です。

エアコンでの暖房は
どうしても空気が乾燥してしまうため、

ペットの体調を考えるのであれば
湿度を補う必要があります。

ですから加湿器を使用すれば
湿度も補える上、

エアコンによって上がった室温を
下がりにくく保ってもくれるのです。

気になるのがその電気代ですが、

気化式であれば1時間あたり
0.04円から0.68円

かなり抑えることができますので

ペットを飼っていて、その暖房のための
電気代に困っている場合には

ぜひ参考になさってくださいね。

一人暮らしでもペットにできる寒さに強いものは?

これまでお伝えしてきたように、
ペットを快適な環境で飼うためには

結構、温度管理や
電気代もかかって大変だからと

寒さに強いものを
希望なさる方もいらっしゃるでしょう。

では、寒さに強いペットはなにかというと

やはり、寒い地域発祥の
大型犬がそれにあたります。

シベリアンハスキーを筆頭に、
ゴールデンレトリバー
ラブラドールレトリバーなど

ダブルコートの犬種は総じて
寒さに強い犬種と言えるでしょう。

ただ、これらの犬種は体も大きく
頻繁に散歩に連れて行く必要があるため、

一人暮らしでは、
やや持て余してしまう
ことが予想されます。

その上、寒さには強くとも
夏の暑さには弱いため

快適に過ごさせるには
冷房を付け続ける必要があります。

そのため、あまり一人暮らしには
適していないかもしれません。

では、猫はどうかというと
お伝えしたように寒さにめっぽう弱いですし、

野良猫でも冬を越せるから案外平気なのではと
思われる方もいるかもしれませんが、

あれは寒さに耐えられた
野良猫が生き延びているにすぎず、
やはり猫自体は寒さには弱い生き物です。

そのため一人暮らしで飼える
寒さに強いペットを希望する場合には、
夏の暑さに対して

どうするのかも考えた上で
飼われるようにしてくださいね。

まとめ

いかかだったでしょうか?

一人暮らしをまぎらわせるために
ペットを飼おうと思うするのはよいのですが、

そのためにはペットにとって
快適な環境を用意するのも、
飼い主の勤めであり責任になので

自分の都合だけではなく、
ペットの体調にも
気を気張るようにしてくださいね。

関連記事:ペットの暖房温度は?お留守番のつけっぱなしでも電気代を節約するには?



スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,