行事

忘年会で受ける出し物は?一人でてきるものと二人の場合は?

年末や仕事納めの時期になると
多く開かれるのが忘年会ですが、

そのような場で要求されるのが
余興や出し物ですよね?

でもそのような宴席で
どんな出し物をしたら良いのか?

また、どのようなものなら
受けるのか分かりませんよね?

そこで今回は、
忘年会で受ける出し物や

一人でできるものと
二人でできるものに分けて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

忘年会で受ける出し物は?

忘年会で受ける出し物と言えば、
その年に流行した芸人のギャグや

言葉をモノマネするのが
てっとり早いのですが、

同じように考えている人は
当然ながらたくさんいます。

小さな規模の忘年会ならまだしも、
十数人が集まる会では一人だけではなく

二人・三人と全く同じ出し物をする
可能性が高くなってしまいますので

いくら手っ取り早く受けたくても
できるだけ避けておくのが無難でしょう。

またそのような流行り物のモノマネは
普段から周りの人と打ち解けていないと

いざその場になって披露したとしても
微妙な空気になってしまうので、
やめておいておきましょう。

では、どのような出し物なら
受けるのかというと、

一発芸がおすすめです。

一発芸だと、その場のノリと勢いで
乗り切ればよいですし、

事前の下準備もあまり
必要としないのでお手軽ですよ!

●生卵でお手玉
最も簡単なのがお手玉や
ジャグリングですが、

さすがにそれだけでは
盛り上がりにかけるので
一工夫必要になってきます。

それが生卵を使用することです。

これによってお手玉をする
本人だけではなく、

見ている人たちもヒヤヒヤしたり
スリルを味わうことができますよ。

また、しっかりと練習重ねた上で
見事に披露するの良いですが、

事前の練習なしのぶっつけ本番で
挑戦してみるのも盛り上がること
間違いなしです。

ただ、忘年会を開いている
場所によっては万が一卵が割れた場合に
迷惑がかかる恐れもありますので、

そのような時には、
卵をあらかじめ茹でておく

失敗して落としても
中身が出ないので安心です。

忘年会の出し物で一人できるものは?

忘年会の出し物は
一人でやることが多いので

ここでは特に一人でやると
盛り上がる出し物をお伝えします。

●エアバンドorエアギター
これは特に下準備も必要とせず
事前にかける音楽さえ決めてしまえば、

あとはノリと勢いで
パフォーマンスすればサマになるので

一人で何をすればよいのか悩んだ時には
おすすめです。

ポイントはやはりかける楽曲の選び方です。

スポンサードリンク

いくらノリがよくても
その場にいる人が知らないような曲であれば
盛り上がりもいまいちになりますので、

できれば誰でも知っているような定番曲か、
多少古くても超有名曲を流す方が
場も盛り上がりますよ。

●テーブルクロス引き
これも一人でやるにはうってつけですが、
その場で始めて挑戦すると

何かと周りに迷惑が
かかってしまいますので

面倒かもしれませんが
事前にちゃんと練習しておく必要があります。

また、やはり当日
失敗した時のことも考えて

テーブルクロスの上に載せるものを
選んで置かないと見ている人だけではなく、

お店にも迷惑がかかってしまうので
十分に考えて選ぶが、

自分で載せるものを
準備しておくと良いでしょう。

忘年会の出し物を二人でする場合は?

一人でやるのは恥ずかしいけど
二人ならなんとかできるという方には
これからお伝えする出し物はいかがでしょうか?

●二人羽織

大きめのドテラや丹前などを二人で着て、
その場にある料理を食べるだけでOKです。

ポイントはあえて、
食べる役の顔が汚れるように
仕向けることです。

こうすることで見ている方も
盛り上がりますよ!

ただ当然、このようなことを
するのですから二人の仲が
良くないといけません。

また、そのようになることを
事前に打ち合わせておかないと

揉める原因にもなりますので、
しっかりとコミュニケーションを
とっておきましょう。

●割り箸で何でもつかむ
これは二通り方法があって、
二人が競って互いに
割り箸でつかみ合うパターンと

一人が割り箸でつかむ役をして
もう一人が上から箸で
つかみ難そうなものを落としていく
というパターンです。

上から落とすものとしては
ティッシュやビニールの袋など
軽いものを落としていくと

つかめそうでつかみにくいので
結構盛り上がりますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

忘年会の出し物に
毎年頭を悩ましている方も
多いと思いますが、

自分だけやらないというわけにも
行きませんよね。

そんな場合には、
今回の記事を参考にして

一人でダメな場合は
二人で挑戦してみてくださいね。

関連記事:忘年会の出し物は手軽で面白いものが人気!簡単にすぐできるものは?



スポンサードリンク

-行事
-,