レジャー 健康

スノボでメイクと日焼け止めをどう両立させる?顔や目、唇の日焼けを防ぐには?

スノボでのメイクは普段と違って
雪や汗によって崩れたり
落ちるのが気になってしまいますよね。

それと同時に心配なのが
ゲレンデの照り返しによる日焼けですが、

これらをどうやって両立させればよいのか
悩んでいませんか?

そこで今回は、スノボでのメイクと
日焼けの両立のさせ方を
顔の各部位に分けてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

スノボで顔のメイクと日焼け止めを両立させるには?

スノボはウィンタースポーツとはいえ、
激しく動いて汗もかくのだから

そもそもメイクの必要があるのかといえば
必ずしも必要ではないのかもしれません。

滑っている間は特に、ゴーグルや
フェイスマスクなどで顔は覆われていますから

すっぴんでも構わないという方もいるでしょう。

下手にメイクをしたがために汗で崩れたり、
ウェアが汚れてしまうのも面倒です。

ですが、仮にメイクはしないとしても
日焼け止めは必要になってきます。

冬場とはいえ、晴れている日の照り返しは
90%あるとも言われ、街中や夏のビーチよりも
紫外線が強くなっています。

そのため、それを防ぐ対策をおこたってしまうと、
気づいた時には紫外線と日焼けによって
肌がボロボロになっていたなんてことも
十分にありえるのです。

では、どう両立させるのかというと、

ベースメイクをしっかり行うことです!

下地に日焼け止めを塗って
その上からファンデーションを
薄めに塗ることによって、

壁を作ることによって
紫外線から肌を守ると同時に、

ゲレンデの寒風が
直に肌に当たるのを防いでくれます。

ゲレンデで吹く風は思っているよりも
乾燥しているため、

直接肌に当たると冷えて
血行が低下して乾燥してしまうため

この二つを丁寧に行うことで
しっかりと壁を作ることができます。

ただし、あまりファンデーションを塗りすぎると
よれて崩れてしまったり、

フェイスマスクやウェアに付いて
汚してしまうこともありますので
上手く調整してくださいね。

ここで上手にベースメイクができれば
多少激しく動いたり、
汗をかいても崩れにくくなります。

とはいえ、一度塗ったら
一日中日焼け止めの効果が
継続するわけではないので、

SPF10程度の日焼け止めを
3時間おき程度塗り直すようにしましょう。

ここで塗り直すのが面倒だからといって、
あまりSPFの数字が大きいものを塗ってしまうと

肌へのダメージも、
大きくなってしまう恐れがありますので

お肌のことを考えるであれば
くれぐれもSPF10以上のものは
控えるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

スノボで目の日焼けを防ぐには?

スノボで目の日焼けを防ぐには、
紫外線(UV)カットのゴーグルを
使用されるのが一番効果的です。

ただ、だからといって
アイメイクをすっぴんにするのも
勇気が入りますよね。

そんな時には、やはり普段より
薄めを意識して汗や雪で崩れたり、

流れてしまわないように
ウォータープルーフのものを
使用するとよいでしょう。

そうしないと、
うっかりゴーグルを外した時に
アイメイクが崩れていて、

目が真っ黒のパンダ目になっていた
なんてことにもなってしまいます。

眉毛のメイクも取れやすいので
目と同じくウォータープルーフを活用し、

つけまつ毛はどうしても
ゴーグルに触れやすく、

ただでさえ激しく動くので
取れやすくなってしまいます。

そのため、よほどのこだわりがない場合は
あまりおすすめはいたしません。

どうしても付けたいのであれば
つけまつげ用のグルーで対応しましょう。

スノボで唇の日焼けを防ぐために注意すること

唇は日焼けとともに乾燥にも
気を配る必要がありますが、

だからといってあまり油分の多い
リップクリームを塗ってしまうと、

逆に光を吸収して通常よりも
日焼けしやすくなってしまいます
ので、

必ず紫外線(UV)カットの
リップクリームを塗る
ようにしてください。

また、あまり濃いリップは
フェイスマスクやウェアの首元を
汚す恐れもありますので

あくまでも保湿と紫外線カットに
重点をおいてケアするようにしてくださいね。

まとめ

ゲレンデは思っているよりも紫外線が強く、
日に焼ける可能性が高いので

今回の記事を参考に、
上手にメイクしながら
おしゃれと日焼け止めを両立させてくださいね。

関連記事:スノボで日焼けした後のケアはどうする?日焼けを防止するには?


スポンサードリンク

-レジャー, 健康
-,