レジャー 健康

スノボで化粧する?化粧くずれや化粧直しは?日焼け止めはどうする?

スポンサードリンク

冬場のレジャーといえば
ウインタースポーツですが、

その中でもスノボを楽しまれる方も
多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな時に気になるのが化粧を
どの程度すればよいのかですよね?

そこで今回はスノボでも
化粧したほうがよいのかどうか?

化粧と日焼けの両立のさせ方や
化粧くずれや化粧直しの方法について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

スノボでも化粧する?

スノボといえばウインタースポーツの中でも
かなり体を運動させるため、

体だけではなく顔にも汗をかくので
化粧の仕方を間違えると崩れて落ちたり、

化粧がウェアについて
汚れる可能性もあります。

また、滑っている時は
ゴーグルやフェイスマスクで

顔を覆っていますので
化粧の必要性をあまり感じない方も
いるかもしれません。

ですが、スノボでの化粧は
なにも見た目を整えるだけではなく、

ゲレンデの強すぎる紫外線や
乾燥から肌を守る役割もあります
ので、

たとえすっぴんでも構わないと思っていたり、
化粧をするのが面倒だと思っても

手を抜かずにしっかりと
化粧をしておく必要があります。

スノボで化粧と日焼け止めを両立させるには?

では、化粧と日焼け止めを両立させるには
どうすればよいのでしょうか?

スノボで化粧と日焼け止めを両立させるには

ベースメイクをしっかりと行うことです。

まず最初に行うのが、
下地に日焼け止めをしっかりと塗って

その上からファンデーションを
薄めに塗ることで壁をつくります。

それによって紫外線から肌を守ると同時に
ゲレンデの寒風や乾燥から
肌を守ってくれるのです。

ゲレンデは雪による
紫外線の照り返しだけではなく、
風によって空気も乾燥しているため

すっぴんのままでこれに当たると
肌が冷えて血行が悪くなってしまいます
ので

これを丁寧行うことで化粧と
日焼け止めを両立できるというわけです。

ですが、かといって
必要以上に日焼け止めや
ファンデーションを厚塗すると
崩れたり、よれてしまって

ゴーグルやフェイスマスク、
ウェアを汚してしまいますので
適度な厚さに調整してくださいね。

このベースメイクさえ上手く塗れれば
ある程度激しく動いたり、

汗をかいても崩れることはありませんので
時間をかけて丁寧に行うようにしましょう。

スノボでの化粧くずれや化粧直しはどうする?

スノボでの化粧くずれに関しては、
お伝えしているように

厚めに塗ることを避けて、
薄めを心がければほぼ
くずれる心配はありません。

ただ、だからといって
一度塗ったらその日は

一日中日焼けの効果が
継続するかというと
そうではありませんので、

やはり塗り直しが必要になってきます。

では、塗ってからどれぐらい時間が
経過してから塗りなおせばよいのかというと、

その目安になるのが
日焼け止めに表示されている

SPFの数字です。

SPFとは、サンプロテクションファクター
(Sun Protection Factor)の略で

紫外線のB派であるUVBを防御する効果を示し、
後ろについている数字は日焼けが
でき始めるまでの指標を表しています。

一般的には紫外線にさらされてから
日焼けができるまで約20分
かかるとされていますから、

例えば、SPF10と表示されている商品は

10×20分=200分(3時間20分)

日焼けを防いでくれるというわけです。

ですから、SPF10の日焼け止めを
使用した場合には、

だいたい3時間後には
塗り直すようにしてください。

ここで頻繁に塗り直すのが面倒だからと、
SPFの数値の高いものを選んでしまうと、

含まれている成分の濃度も高くなり、
肌に対する負担が大きくなって
余計なダメージを受けてしまいますので

肌の弱い方や肌を大事にしたい方は
何度も塗り直すことになったとしても

できるだけ数値の高くないものを
使用するようにしてくださいね。

まとめ

いかかだったでしょうか?

スノボなどウィンタースポーツで
化粧をするのは面倒かもしれませんが、

お伝えしたように
ゲレンデの紫外線は思っているよりも
肌にダメージを与えますので

肌を守るためにも、
今回の記事を参考にしてください。

関連記事:スノボで日焼けした後のケアはどうする?日焼けを防止するには?



スポンサードリンク

-レジャー, 健康
-,