レジャー 健康

スノボのメイクで落ちないマスカラやつけまのつけ方は?メイク直しはどうする?

スポンサードリンク

ウィンタースポーツの
代表といえばスノボですが、
ウィンタースポーツとはいえ、

そこはやはりスポーツですから
普段と同じメイクをしてしまうと
汗や雪で落ちてしまう恐れがあります。

そこで今回は、スノボのメイクでも
落ちないマスカラやつけまのつけ方や

メイク直しはどうすればよいのかについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

スノボのメイクで落ちないマスカラやつけまのつけ方は?

マスカラはただでさえ時間が経つと
落ちてパンダ目になっていた
なんてことが多くありますが、

冬場のゲレンデは天候も変わりやすく
さらに激しく活動するため

普段以上に気を配る必要があります。

そのため、汗や雪で滲んだり
流れてしまわないよう

ウォータープルーフのものを
必ず使用しましょう。

ですが、それだけでは
まだ十分とはいえません。

なぜなら、ウォータープルーフは
多少の雪落ちは防ぐことはできても、

汗によるメイク落ちには
あまり効果が期待できません。

そのわけは汗に含まれる皮脂にあります。

いくらウォーターフルーフが
水落ちに強いとはいっても、

汗には油分が含まれていますので
過信してはいけません。

そのため、スノボで
アイメイクをする場合には

できるだけ油分に強いものを
使用するようにしてください。

また、ベースメイクやスキンケアで
使用する乳液やクリームにも
当然ながら油分が含まれていますので

ベースメイクやスキンケアを行う場合には、
アイメイクと同様にできるだけ
油分の少ないものを使用するか、

目の周りやまつ毛に触れないよう
慎重に塗ってください。

そして、マスカラを付ける際にも
目の周りやまつ毛の油分を
コットンなどで落とし、

マスカラをつけた後のトップコートも
油分に強いものを選ぶようにしてくださいね。

●つけまはどうする?

つけまつ毛もアイメイク同様に、
汗や雪で取れやすいのでできるなら
避けたほうが良いのですが、

目元のメイクの印象に強く作用しますし、
日頃から愛用しているという方は
どうすればよいのかというと、

まずはゴーグルで目元を
しっかりとガードすることです。

そして、万が一取れてしまっても
すぐに直せるように、

いつも使用している
つけまつげ用のグルーと

小さな手鏡を必ず携帯する
とよいでしょう。

スノボのメイク直しはどうすればいい?

ここまで、スノボでも
落ちないメイクをお伝えしてきましたが、

どれだけ努力しても
やはりそのままでは

数時間後に多少崩れたり
よれたりしてしまいます。

なので、そうなる前に
適度に直すことが必要です。

ベースメイクはまず、
タオルやハンカチで汗を拭き取り

あぶらとり紙で
余分な皮脂を取り除きます。

次に日焼け止めを手の甲で伸ばしてから
できるだけ薄く肌へのせ、
ファンデーションも薄くはたきます。

アイメイクの場合は、
綿棒でよれた部分を取り除き、

ウォータープルーフのアイライナーで
軽くメイク直しすればOKです。

この時に乳液を綿棒に含ませると
保湿効果も高まりますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

スノボでも落ちないメイクというのは
なかなか難しいですが、

普段の方法に加えて
一工夫することで、

かなり崩れにくくすることも
可能ですので、

今回の記事を参考に
ぜひ試してみてくださいね。

関連記事:スノボでメイクと日焼け止めをどう両立させる?顔や目、唇の日焼けを防ぐには?



スポンサードリンク

-レジャー, 健康
-,