生活

衝突防止システムの仕組みや原理とは?車種ごとに比較するには?

スポンサードリンク

追突事故を防止する機能などの装備が
最近はどの乗用車でも
当たり前になっていますが、

いったいそれはどのような仕組みや
原理なのでしょうか?

そこで今回は衝突防止システムの
仕組みや原理と、

車種ごとに比較するには
どうすればよいのかについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

衝突防止システムの仕組みや原理とは?

衝突を防ぐ機能は、
前方の車や人などに反応して
自動でブレーキがかかる

「衝突日被害軽減ブレーキシステム」
という仕組みが働いています。

開発が進む自動車運転の技術を
部分的に実用化させたものです。

メーカーごとに細かい仕組みは
異なりますが、

レーダーを使って前方の物体を
検知するという基本は同じです。

車の前面に設置された
レーダーのセンサーから
電波や赤外線レーダーを発し、

それが前方の物体にぶつかって反射し、
戻るまでの時間を計測して距離を検知します。

血すぎると判断されると、
警報を鳴らして距離を取るように促し、

間に合わない場合は
ブレーキをかけ、衝突を防ぎます。

ただし、レーダーは前方の物体が
何であるのか検知するのは難しいのですが、
それを補うのがカメラです。

車の前面に人間目のように
カメラを二つ設置するてタイプの場合、
左右の見え方の違いから距離を検知します。

同時に物体が車か歩行者か、
自分と同じ車線にるかなどを確認します。

それに応じてブレーキのタイミングや
強さを調整します。

運転を支援するシステムは他にも、
走行中の車両が車線から

はみ出すと警報が鳴る
「車線逸脱警報」

車両を車線の中央に維持させる
「車線維持支援機能」などがあります。

どちらもカメラで車線を
検知することで対応してます。

ただしこうした仕組みが
あるからといって、

運転時に注意を怠っても
大丈夫と考えるのは禁物です。

●衝突被害軽減ブレーキの仕組み

1.赤外線レーザーや電波を発射。
       ↓
2.反射して戻るまでの時間~距離を計る。
 同時に速度の検知や計算もする。
       ↓
3.警報で知らせる。
       ↓
4.自動ブレーキで衝突を回避

衝突防止システムを車種ごとに比較するには?

運転支援のシステムの利用にも
注意すべき点があります。

窓に汚れがあると、
レーダーがうまく作用せず
十分に機能しないことがあります。

ダッシュボードに物を置いた場合も
レーダーなどが反射し、
機能を妨げることがあります。

故障も含めて何らかの以上があれば、
車種によっては警告灯が注意を促します。

また、運転支援システムは
トラックやバスなど一部を除き、
新車への搭載が義務化されていません。

このため車検の確認項目にはならず、
故障していても車検を通すことは可能です。

故障かどうか不安なら、
販売店などに相談してみても良いでしょう。

さらに、同じ車種でも、
現行タイプと1代前では
システムの性能が異なります。

中古車は最新の機能が
搭載されていないことがあるので
購入時に注意しまししょう。

独立行政法人自動車事故体躯機構と
国土交通省は2014年度から

国内で販売されている
主な車種のテスト結果を発表しています。

独立行政法人自動車事故体躯機構の
ホームページで公開しており、

過去のデータとの比較や
新車購入の参考にしてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

現段階では事故の帽子や
被害軽減の手助けしかできません。

運転支援ステムがあっても、
自己顔聞けばドライバーが

責任を取るということを忘れず、
安全運転を心がけてくださいね。

関連記事:高齢者の運転でペダルの踏み間違いの原因は?免許返納を説得するには?



スポンサードリンク

-生活
-