レジャー 生活

夜行バスでスノボに行くときのメイクや化粧、服装や持ち物はどうする?

スポンサードリンク

手軽にスキーやスノボに行くときに
利用するのが夜行バスですが、

その時に気になるのが
メイクや化粧ですよね。

また、車中泊においては
服装や持ち物も悩みますよね?

そこで今回はスノボで夜行バスを
利用する時のメイクや化粧、
服装や荷物についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

夜行バスでスノボに行くときのメイクや化粧は?

夜行バスで現地まで移動するということは
当然、車中泊することになりますから

事前にメイクや化粧をしていくか、
すっぴんのまま乗り込むか
決めておかないといけません。

ただ、事前にメイクしていた場合には
寝ている間も現地に到着するまで
化粧をしたままにするか、

途中休憩の時にサービスエリアなどで
メイクを落とす必要があります。

ここでメイクをしたまま
お休みになるというのも
ありえなくはない話ではなのですが、

やはり肌への影響やダメージを考えると
お休みになる前には、
落としておいたほうが良いでしょう。

では、休憩時間できちんと
クレンジングできるかというと
実はそれもなかなか簡単ではありません。

なぜなら、同様のことを考える人が
たくさんいるため化粧室が
かなり混み合っているからです。

その上、サービスエリアの
トイレではお湯が出にくかったり、

真冬のため水自体も
非常に冷たくなっている
ので

普段どおりの化粧と
メイク落としを行うことは諦めましょう。

そしてメイクをしてから
夜行バスに乗り込む場合には、
いつもよりも薄めにしておくことを心がけ、

落とす時には拭き取るタイプの
メイク落としシート
を活用しましょう。

この時のメイクのポイントは
できるだけ簡単に落とせるよう、

眉やアイラインだけの
ポイントメイクにしておくと
する時も落とす時も楽ですよ。

次に、すっぴんのまま乗り込んだ場合や、
落としたメイクを再びする場合に
いつどこで行えばよいのかというと、

現地に到着する前の休憩場所や
サービスエリアで行いましょう。

ただし、メイク落としの場合と同じように
化粧室が混み合っていることが多いので

バスに乗り込む前の時と同じく薄くするか、
最低限のポイントメイクに留めおきまょう。

そして、現地に到着してから
ホテルの室内やゲレンデに出る前の更衣室で
普段どうりのフルメイクをしてくださいね。

注意する点としては、くれぐれも
動いているバスの車内でしないということです。

なぜなら周りの迷惑になるからです。

日頃からメイクをされていると気づきませんが
化粧品の臭いは車内に充満しやすく、

それによって気分を悪くしたり
酔ってしまう人もいるので、
最後まで快適に車内で
過ごしたいのであれば避けてくださいね。

夜行バスでスノボに行くときの服装や格好は?

夜行バスに慣れていない方だと
現地に何を着ていけばよいかは分かっても、

車内でどんな服装や格好をすればよいのか
悩んでしまいますよね?

車中泊をすることを考えると基本的には
リラックスできる服装で大丈夫です!

車内は暖房も効いていると思いますが、
冷え性の場合はヒートテック
タイツやインナーを着用してから

スウェットを着るとジーンズのような
窮屈さを感じることなく
快適に過ごすことができますよ。

夜行バスでスノボに行くときの持ち物は?

夜行バスの車中泊で必要なものは
お伝えてきたように

メイクを簡単に落とせるシートや
車内で過ごすためのスウェットの他に、

洗面用品やタオル、
座席で快適に眠るためのネックピロー

アイマスクや耳栓、
乾燥を予防するためのマスク、

これらを準備しておくと
翌朝までバッチリと眠ることができます。

また、水分補給のため飲料水なども
事前に持ち込んでおくと

急に喉が渇いた時にも
我慢しなくて済むので便利ですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

お肌のことを考えると、
なるべく長時間メイクしたままにするのは
避けておきたいところですが、

かと言ってすっぴんでは
恥ずかしいというのも理解てきます。

ですから今回の記事を参考に、
落としやすいメイクを心がけてくださいね。

関連記事:スノボでメイクと日焼け止めをどう両立させる?顔や目、唇の日焼けを防ぐには?


スポンサードリンク

-レジャー, 生活
-,