健康

ダウンウェアの着こなすポイント?ダウンベストのコーデは?

寒さが厳しくなるこれからの季節は、
温かいダウンウェアが活躍します。

最近は多彩なデザインや素材のものが転倒に並び、
選ぶ楽しみも広がりますよね。

そこで今回はダウンウェアをおしゃれに着こなす
ポイントについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

ダウンウェア の着こなしのポイントは?

ダウンウェアは、カモやアヒルなど
水鳥の羽毛を詰めた衣服のことで、
保温性が高く、汗を上手く放出する
特徴のある防寒着です。

もともとは寒い中での作業着や
登山服などとして着られていました。

表地がツルツルとした光沢感のあるナイロンで
撥水性や防風などの機能をうたった

スポーティーな服というイメージを
持っている人も多いかもしれません。

しかし、最近は一見すると
従来のダウンウェアに
見えないものも登場してます。

例えば、丈が長めのピーコートの中には
表地はコットンですが、

裏地にはダウンを使用して
防寒性を高めているものもあります。

このようなものには、
編み目の細かい黒のタートルネックと

裾が細くなっているグレーの
テーパードパンツを合わせるのがおすすめです。

着脱式のフードを取り外せば、
休日のリラックスしたスタイルだけでなく、
ビジネスにも対応てきます。

着ぶくれしないように、
羽毛の量を抑えた軽量で
薄手のタイプも人気です。

冬場はもちろん、
春先まで着られるので
「春ダウン」とも呼ばれています。

軽くて持ち運びも便利なので、
寒暖の差にも対応しやすく、
使い勝手としても良いです。

デザインも多彩になっていて、
薄手のテーラードジャケットのようなタイプならば、
くだけすぎない大人の男性の装いも楽しめます。

素材も様々で、表地にウールなどを使ったものは
温かみがあり、ぐっと落ち着いた雰囲気を醸し出せます。

ナイロンでも光沢を抑えた質感のものもあります。

ダウンウェアは、中に着るものやズボンを選ばず、
ニットやスラックス、襟付きのシャツに
ジーンズなどと合わせられるのもうれしいですね。

スポンサードリンク

ダウンウェアベストの着こなしとコーデは?

ダウンウェアの中でも
袖のないダウンベストは
さらに汎用性が高く、

厚手のセーターの上に着たり、
ジャケットやコートの下に
合わせたりするのもおすすめです。

1着持っていると着こなしの幅が
広がって重宝しますよ。

ただし、購入する際に
気をつけたいのは
サイズとシルエットです。

必ず試着して、
着丈やボリューム感などを
しっかりと確認するようにしましょう。

大き過ぎると、もたもたした感じで
だらしなく見えてしまうので気をつけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回記事でもお伝えしたように
ジャケットの上に着るのならば、

ジャケットを着てから試着しないと
だらしなく見えてしまいます。

この点を注意して、
ダウンウェア軽快に着こなして
冬のおしゃれを楽しんでくださいね。

関連記事:スノボの日焼け止めの塗り直しはspfが重要?フェイスマスクやゴーグルで防ぐには?



スポンサードリンク

-健康
-,