ショッピング 生活

抗菌加工の仕組みや抗菌加工製品の選び方は?

まな板に便器、洗面器や家電製品など
多種多様の「抗菌」をうたう

加工を施した商品が、
数多く出回っていますよね。

これらの製品は一体どうやって
菌が増えるのを抑えているのでしょうか?

そこで今回は抗菌加工の仕組みと、
信頼できる抗菌加工製品の
選び方についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

抗菌加工の仕組みとは?

そもそも、抗菌の定義とは何でしょうか?

抗菌剤や抗菌加工製品の
メーカーなどで構成される

一般社団法人抗菌製品技術協議会(SIAA)では、

ある製品の表面で細菌の増殖を
抑える機能や性質を指すとされ、

細菌を死滅させる「殺菌」
除去する「除菌」とは異なっています。

SIAAの場合、細菌の増殖割合を
一定以下に抑える抗菌効果
を試験で確認しています。

その対象は大腸菌や
黄色ブドウ球菌といった細菌
で、

同じ微生物でもカビなどの
菌類やウイルスは対象外です。

抗菌加工には様々な方法があり、
製品の素材により、

抗菌剤を練り込んだり、
表面を抗菌剤でコーディングしたりしています。

プラスチック製品では、
表面が傷ついても効果が持続するように
練り込む手法が多く取られています。

抗菌剤として多くの製品に
使われているのが

銀や銅、亜鉛、二酸化チタンなどの
金属を利用したものです。

抗菌剤が作用する過程を
銀を使ったものを例に説明すると、

●抗菌加工が作用する仕組み

  ◯細菌◯←銀イオン(Ag+) 
    ◯
表面━━抗菌剤━━━━━━
   
1.製品の表面に細菌が付着すると、
 抗菌剤に踏含まれる銀の化合物と
 細菌の持つ水分が反応し、
 イオン化した銀が放出される

スポンサードリンク

2.銀イオンが細菌の細胞膜を破壊したり、
 細菌内部のたんぱく質の構造を
 変化させたりすることで
 機能を停止させ、増殖を抑制する

抗菌加工製品の選び方は?

信頼できる抗菌加工製を選ぶには、
製品に表示されたマークを確認するのが一番です。

これらの製品を扱う業界団体は、
経済産業省の運用指針に基づき、

効果や安全性に関する
自主基準を設けています。

抗菌製品技術協議会(SIAA)の場合、
皮膚に触れた時に炎症を起こさないか、

遺伝子に影響がないかなどの観点で安全性を
測定し、基準をクリアした製品は
「SIAAマーク」を表示できます。


引用元:http://www.kohkin.net/mark.html

抗菌効果について、
通常の使い方をしていれば

製品の耐用期間中は持続するように
設計の段階で考慮されています。

ただし、表面が汚れると
抗菌剤が十分に働かず、
効果を維持しにくくなります。

ですので、効果を長持ちさせるために
表面の汚れを除くなど、
定期的な掃除や手入れを心がけてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

細菌の増殖が抑えられれば、
臭いやぬめりの発生を
防ぐことにつながりますし、

抗菌剤は、衛生的な
生活環境づくりにも役立ちますので、

積極的に生活に取り入れていきたいですね。

関連記事:ノロウイルスの消毒には次亜塩素酸薬 その作り方とアルコールはダメ?



スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,