ショッピング

ブルートゥーススピーカーの選び方とおすすめ

スマートフォンは音楽や
動画の再生装置として
利用することもできますが、

スマホ単独で音質に
物足りなさを感じる場合は、

無線で使用できる
「ブルートゥーススピーカー」が便利です。

そこで今回は、おすすめの
ブルートゥーススピーカーを
ご紹介してまいります。

スポンサードリンク
  

ブルートゥーススピーカーの選び方とおすすめ

ハンマーインターナショナルの
「JBL FLIP4」
は最大で1000台を
同時接続でき、大きな部屋に

何台もスピーカーを置いて
再生するなどの使い方もできます。

防水性能も前モデルより向上させ、
万が一水没したとしても問題はありません。 
 

ハンマーインターナショナル:JBL FLIP4
公式販売価格:10880円

 
ボーズの「SoundLink ReVolve」は円筒形で、
全方位に音が均一に広がり部屋の中央や
隅などに置いても同じ音質を楽しめます。

雨や水しぶきがかかっても
問題のない防滴性能も備えています。
 

ボーズ:SoundLink ReVolve
希望販売価格:25000円

ソニーの「SRS-XB30」
新開発の低音増強機能により、

小さい音量でも、迫力のある重低音と
はっきりとした歌声を再生でき、

前面に設けられたライトの色が
曲によって自動的に変化する機能もあります。

これにより視覚的に楽しめ、
パーティーなどで活用できそうです。
もちろん、防滴性能も備わっています。 
 

スポンサードリンク

ソニー:SRS-XB30
実勢小売価格:15880円

 
ビーツ・バイ・ドクター・ドレの
「Beats Pill+」
は、

録音スタジオで使われる技術を
スピーカーの構造に応用したことで
高音質を実現しています。

バッテリーの残量に余裕があれば、
スピーカーを電源として、
スマートフォンに充電することも可能です。
 

ビーツ・バイ・ドクター・ドレ:Beats Pill+ 
公式販売価格:18800円

まとめ

いかかだったでしょうか?

スマホやタブレット端末の多くは
スピーカーが内蔵されていますが、

サイズの問題など、
臨場感に乏しいことも多いので、

そんな時には近距離無線通信である
「ブルートゥーススピーカー」で
簡単に接続できるスピーカーが便利です。

バッテリー内蔵型なら、
旅先などに持ち出して、

良い音で音楽や動画を楽しめますので
お気に入りのものを見つけてくださいね。

関連記事:一人暮らしに最適な洗濯機のサイズと選び方、コインランドリーは?



スポンサードリンク

-ショッピング
-