保険 健康

診療明細書の内容の意味は?

スポンサードリンク

病院で診療の内容は
いつもと同じなのに、

今日は支払いが多いと
思われたことがないでしょうか?

そこで今回は、診療明細の内容や
意味についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

診療明細書の内容の意味は?

初診料・再診料の「基本料金」と、
個々の診療内容を積み上げた「出来高」について、
項目ごとの点数(1点10円)が記されています。

患者が窓口で支払う金額は合計点数の1~3割で、
明細書は原則、領収書と一緒に窓口で渡されます。

初診料・再診料は曜日や時間帯などで異なり、
この違いも明細書でわかります。

通常の初診料、再診料は
846円、216円(3割負担で計算しています。以下同じ)
ですが、

診療時間内でも平日午後6時~午前8時に行くと
「夜間・早朝等加算」として
150円多く取られます。

再診で診療時間外だと
日曜祝日は570円、

深夜未明は1260円と
加算額がさらに高くなります。

6歳未満の乳幼児や妊婦だと
さらに上乗せがあります。

出来高は、検査や治療など
診療当日に受けた内容がほとんどですが、

「医学管理」は例外で、
何の治療のことか分かりませんよね?

これは専門の療養計画書に基づいて服薬や運動、
栄養などについて医師が継続して行う
指導・説明への対価のことです。

この医学管理は50種類以上もあり、
金額も高めになっています。

代表的なのが「生活習慣病管理料」です。

院外で薬をもらう場合、
糖尿病2400円、高血圧2100円、
脂質異常症1950円が多くは
月初めの診察時に1回かかります。

同じ生活習慣病でも
「特定疾患療養管理料」というタイプもあります。

指導内容が緩やかな分、
支払額は診療所で
1回675円と少なめですが、
月に2回取られることがあります。

これには不整脈やぜんそくなどの
慢性疾患も含まれます。

●診療明細書の診療内容

医療費=基本料金(初診料・再診料)+出来高(処置・検査・薬・医学管理※など)
 
※医学管理とは書面や口頭による指導・説明ののことで、
 例えば、生活習慣病管理料は薬や運動、
 栄養などの指導を書面で丁寧に説明すると
 月1回算定できる    

まとめ

いかがだったでしょうか?

明細書は診療内容を
意識するきっかけにもなりますし、

前向きに治療に取り組むための
材料にもなりますので、

受け取ったまま放置したりせず、
ちゃんと理解するようにしてくださいね。

関連記事:確定申告の介護保険は医療費控除の対象になる?交通費やレンタルは?



スポンサードリンク

-保険, 健康
-,