ショッピング 生活

革靴の水洗いを自宅でする場合の石鹸や乾かし方と注意、手入れ道具のおすすめのは?

スポンサードリンク

梅雨時、革靴についた泥はねや汚れなどは
早めに取り除きたいところではありますが、

ただ、汗などの汚れは
いくら表面を磨いても除去できません。

そこで今回は革靴のメンテナンスにもなる
革靴の水洗いの方法について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

革靴の水洗いを自宅でする場合の石鹸や乾かし方と注意は?

革靴は人間の皮膚と同じように、
水でしっかり洗うと靴が長持ちします。

靴には足の汗とともに塩分や皮脂が染み込み、
雨にぬれた靴を放っておくと、
白い粉を吹くように、塩分が表面に浮いてきます。

湿度が高い環境化で、
皮脂汚れがひどいまま放置すると、

カビが生えることもあるのですが、
こうした汚れは水洗いをすれば
キレイに落とすことができます。

ただし、水だけで洗ったり、
洗濯石鹸を使ったりすると、

革の水分や油分が抜けて、
ゴワゴワに硬くなってしまいます。

このため、正しい道具や手順で
作業を行うことが重要です。

用意するのは、「サドルソープ」という
革専用石鹸と専用クリーニングブラシ、
柔らかいスポンジと布です。

 

まず、布で表面の汚れを拭き取ります。
次に水に浸したスポンジで靴全体を、
ムラなく濡らします。

水がしたたるぐらいまで濡らすと、
靴底の接着剤が弱まって、
はがれやすくなるので気を付けましょう。

革専用の石鹸には、
植物から抽出した保湿成分が配合されています。

革の潤いを保ち、
革靴を水洗いしても硬くならなりません。

専用石鹸をスポンジでよく泡立て、
泡を全体にのせます。

クリーニングブラシで
小さな円を描きながら丁寧に洗い、
強くこする必要はありません。

洗い終えたら、スポンジで
表面の泡と汚れを取り除き、

石鹸の保湿成分を生かすため
泡は少し残します。

シューキーパーで形を整え、
風通しの良い場所で丸一日陰干しするため、
空気の乾いた日に行いましょう。

壁などにたてかけて干すと、
靴底が乾きやすくなるのでおすすめです。

シューキーパーがない場合は、
代わりに新聞紙をタオルでくるんで
入れてもいい
のですが、

乾きにくくなってしまうため、
途中で1~2回、取り換えましょう。

洗った靴は油分が
浸透しやすくなっていますので、

油やワックスを含む乳化性クリームを
薄く塗って仕上げるとよりしなやかになります。

クリームは塗りすぎると
光沢がなくなって、
通気性も損ないますので少量で十分です。

●革靴の洗い方
Step1
水が染み込みやすいよう、
布で表面の汚れを取り除く

Step2
水に浸したスポンジで、
靴全体を均一にぬらす

Step3
スポンジで靴専用石鹸を
よく泡立て、泡を靴にのせる。
クリーニングブラシで丁寧に洗う。

Step4
表面の泡と汚れをスポンジで取り除き、
風通しの良い場所で丸一日陰干しする

以下の動画も参考になりますよ。

革靴の手入れ道具のおすすめは?

革靴の手入れはなにも
汚れたときだけではありません。

革靴は普段から手入れしておかないと
たとえスーツやシャツをおしゃれに決めていても、

靴がくたびれていたために残念な印象に
なってしまうということがよくありますので、
自分で手入れしておきましょう。

COLUMBUSのブラシは靴のクリームも
のばしやすい豚毛が植えられており、

持ち手部分は高級家財に用いられる
山桜を使用しています。

コシのある毛足が靴のツヤ出しに最適です。
最後にツヤを出すときには柔らかい
ヤギ毛のブラシを使うと良いでしょう。
 

 
 
磨く時や保管するときには、
シューツリーを使用することをおすすめします。

靴は使っていると爪先が
反り上がってきますので、

シューツリーわ入れることで
革を伸ばして、型崩れを防いでくれます。

コルドヌリ・アングレーズのメンズツリーは、
サイズも細かく展開されているので、
ぴったりのものが選べてます。
 

 
 
磨いた靴には、
靴下のおしゃれも欠かせません。

アドリアンの靴下は
膝丈のため、ズボンの裾から
すねが見える心配がありません。

細かいリブが入っているため、
足首も細く見えます。
 

まとめ

いかがだったでしょうか?

その道のプロに言わせると、
靴磨きにはセンスが要るという人もいますが、

いい革靴は手入れをすれと
15年~20年は持つので

お気に入りの靴を長く使うためにも
しっかりと手入れすることを
心がけてくださいね。

関連記事:ビジネススポーツシューズの性能比較、履き心地やデザインで選ぶなら?



スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,