健康 生活

子供が蚊に刺されたらどうする?とびひに対処する方法は?

夏休みになると屋外のレジャーなど
子供と活動する機会も増えますが、

そんなとき気を付けたいのが
虫刺されです。

そこで今回は、
子供が蚊に刺されたときの対処法や
悪化して「とびひ」にならないための
対処についてお伝えします。

スポンサードリンク
  

子供が蚊に刺されたら?

蚊に刺された後は、
かゆみや腫れが出ますが、

これは蚊が吸血する時に、
人間の皮膚に注入される唾液成分に対して
起きるアレルギー反応です。

症状は個人差も大きく、
大人は刺された直後にかゆくなり、

1~2時間で治まる
「即時型反応」が一般的です。

一方、乳幼児は刺された直後は無症状で、
翌日以降にかゆみなどが現れる
「遅延型反応」が多いです。

子供は成長過程で繰り返し蚊に刺され、
遅延型から即時型に移行します。

小児期から青年期は
両方の反応が出ることが多く、

刺された直後にかゆくなっていったん治まり、
翌日からまたかゆくなります。

スポンサードリンク

子供が蚊でとびひにならないための対処は?

子供で注意したいのが、
刺された場所をかき壊してしまうことです。

なぜならこのとき、かき傷に細菌が入り、
「とびひ(伝染性膿痂疹 でんせんせいのうかしん)」
になることがあります。

とびひは菌が付いた手などを介して
他の部位や他人にもうつってしまいますので

かゆみを抑えるなどして、
かき壊しを防ぐことが大事です。

直後に出るかゆみは
保冷剤などで冷やしたり、

メントール成分が含まれる
市販薬をしようしたりするとよいでしょう。

よく、かゆい所に爪で
「バツ印」をつける人もいますが、

これは皮膚を
傷つけることになるので避けましょう。

翌日以降のかゆみは
ステロイドが入ったものがよく効きます。

かき壊しの予防として、
絆創膏を貼るのも効果的です。

症状がひどい時は皮膚科を受診してください。

予防策として蚊が多い場所では
肌の露出を避け、

イカリジンやディートといった成分を含む
虫よけスプレーを活用しましょう。

ただし、ディートは子供への
使用回数制限があるので注意が必要です。

蚊の発生源対策も重要です。

わずかな水たまりでも蚊が育つので、
家の周りのバケツや植木鉢の皿にたまった雨水は、
こまめに捨てるようにしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

夏はどうしても暑さ対策に
気を取られてしまいがちですが、

油断していると蚊にたくさん刺されて
掻きむしっていたなんてこともありますので、

後悔しないためにも
十分に対処してあげてくださいね。

関連記事:虫刺されはなぜ腫れる、症状の種類や治す方法と予防法は?
 



スポンサードリンク

-健康, 生活
-,