健康

便失禁はなぜ起きる、治す方法や治療法は?

スポンサードリンク

意思に反して便が漏れるのが
「便失禁」ですが、

治療の選択肢が増え、
2017年には標準的な治療法を示す

診療指針も初めて作られましたが、
病気としての認知度はまだまだ広まっていません。

そこで今回は便失禁がなぜ起きるのか?
起きた場合にどのように治すのか、

その治療法の種類について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

便失禁はなぜ起きる?

便失禁には、気づかないうちに漏れる
「漏出性」と、便意は感じるが我慢できず
漏らしてしまう「切迫性」の2種類があります。

患者の内訳は、漏出性が半分程度で
両方ともある人が3割ほどで、残りが切迫性です。

命に関わる病気ではありませんが、
生活の質を大きく下げ、
国内に推計で約500万人の患者がいます。

原因として最も多いのが、
肛門を締めたり緩めたりする

肛門括約筋の機能が
加齢などによって衰えることです。

そのほか、出産による括約筋の損傷、
脊髄障害なども便失禁を引き起こします。

肛門括約筋は、自分の意思では動かせない
「内肛門括約筋」と、

動かせる「外肛門括約筋」の
2層構造になっています。

内括約筋の衰えは漏出性便失禁に、
外括約筋の機能の低下は
切迫性便失禁につながります。

●便失禁のタイプ
以下のいずれも機能低下
・内肛門括約筋
 意識的に締められない

・漏出性
 気がつかないうち漏れる

・外肛門括約筋
 意識して締められる
 筋トレも可能

・切迫性
 便意を感じるが、 
 トイレまで間に合わない

便失禁を治す方法や治療法は?

便失禁を治す方法としては、
投薬による方法と外科的治療法があります。

投薬の場合は、
便の水分を吸収して切れを良くし、

直腸に残さず出し切るための薬が処方されます。

薬は飲み続ける必要がありますが
失禁することはなくなりますので、

海外旅行など長距離の移動が可能になります、

重症の場合は、腰に装置を埋め込み
神経を電極刺激する

「仙神経刺激療法」など外科治療もあります。

ただ、7割は薬や生活指導などで
よくなることが多く、

2017年3月に日本大腸肛門病学会が
初めてまとめた診療指針では、
治療法が重症度別に整理されました。

薬が効かない患者には、
外肛門括約筋を鍛える骨盤底筋訓練のほか、
直腸の中の便を洗う治療法があります。

「経肛門的洗腸療法」と呼ばれるもので、
2018年4月から、脊髄障害の患者に
保険が利くようになりました。

同治療法は、専用の器具で
ぬるま湯300~1000ミリリットルを
肛門から直腸に入れ、たまった便を出します。

1~2日に1回行うと便失禁を防ぐことができます。

背骨の中の神経が傷つく脊髄障害の患者は、
肛門括約筋の機能低下に加え、

便意を感じる神経の障害から、
便失禁に苦しむ人が多く、

今後は他の原因による患者に
保険適用の対象が拡大される可能性もあります。

●治療の流れ
■初期治療 

 食事や生活習慣の指導、薬物療法など
 ↓
■保存的療法のの例
・骨盤底筋訓練
 外肛門括約筋を含めた骨盤底筋を鍛えるトレーニング
1.最大の力で5秒締める
2.半分の力で10~15秒締める
3.素早く締め、すぐに締める
各10回、計30回で1セット1日に5セット行う

・経肛門的洗腸療法
 専用器具でぬるま湯を直腸に入れ、便を出す。
 現在は脊髄障害の患者のみ保険が利く
 ↓
■外科治療
仙骨神経刺激療法や肛門括約筋形成術、
ストーマ造設術など

まとめ

いかがだったでしょうか?

指針が策定されたことで、
治療できる医療機関も増えていますので、

まずは病気について知ったうえで、
適切な治療を受けてくださいね。

専門の医療機関のリストや治療法の解説などは、
「おしりの健康.jp」

こちらのサイトの情報が充実しているので
参考になさってくださいね。

関連記事:大人用おむつの使い方や選び方のポイントは?



スポンサードリンク

-健康
-