行事

雑煮の美味さは関西風の味噌味にあり?お餅とカロリーも詳しくご紹介

2017/03/02

スポンサードリンク

お正月に食べるものと言えば
おせち料理とともに
まず思い浮かぶのがお雑煮ですよね!

雑煮は全国各地域によって
具材もベースのおだしも違いますが、

今回は関西以外の方には
馴染みのない白味噌のお雑煮について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

雑煮は関西風味噌味で決まり?その特徴

まず、お正月に白味噌のお雑煮を食べる地域はどこでしょう?

その境がハッキリと別れるわけではありませんが

西は兵庫県・香川、
東は滋賀・奈良・和歌山
 辺りまでと

関西風とよく言われますが、
近畿地方限定と言い切っても良いかもしれません。

京都・滋賀に接する福井県や
香川県に接する徳島県の一部の地域も

白味噌ではありますが
県内の大半は赤味噌やすまし仕立てです。

この雑煮に使用される白味噌は
普段のお味噌汁に使われるような白味噌ではなく

京都で作られている西京味噌を用いるのが最大の違いです。

このお味噌は米こうじを多く配合した米味噌で色も白く薄く、
通常の味噌に含まれている塩分が

12%前後に対し西京味噌は5%程度と低いのも特徴です。

加えて水飴などが配合されることもあるので
調理に使用する場合には注意する必要があります。

お正月に白味噌仕立の雑煮を作って
失敗する一番の理由が

普段ご家庭で使われている
白味噌で代用してしまうことです。

白味噌仕立てのお雑煮は
味噌を濃い目にたくさん使用するのですが、

それを普段使用している白味噌でおこなうと
塩分が強すぎて飲めたものではありません。

かといって、
いつもと同じ分量で作ると、
普段の味噌汁と大差のないものが完成してしまいます。

ですので、お正月のお雑煮を
白味噌仕立てで作ってみよう思われたのでしたら
少量でもいいのでぜひ西京味噌を使ってください。

お勧めとしては
高級な西京味噌を少量でもいいので購入して、
一度で使い切るぐらい濃い目に作ると上手くいきます。

具は里芋、大根、金特人参などの京野菜を基本に
セリや三つ葉などの青物を彩りに添えることもあります。

とにかく、
ベースの白味噌さえしっかりできていれば
あとはご家庭によって
入れる具材は工夫されても構いませんので
気軽にアレンジしてみましよう。

雑煮は関西風 餅はどんな種類がある?

関西では昔から円満をする丸餅が使われていますが、
近年では個別包装された丸餅にまざって
角餅を見かけることも珍しくありません。

一説には、
江戸時代は江戸に人口が集中していたため
一つずつ手で丸める丸餅よりも一度に多く作れる
角餅が使われるようになったと言われています。

ですが、
実際お雑煮に入れる段階での違いのほうがむしろ顕著です。

関東ではお餅を焼いてからお椀によそうのに対し、
関西では焼かずに必ず煮て火を通します。

これは不思議なことなのですが、
たとえ角餅を用いる場合でも
焼いてお雑煮に入れることは稀です。

焼いた香ばしい風味が
白味噌の風味を消してしまうために
そのような食べ方をしているものと思われます。

よく、変わった雑煮として
メディアに紹介されることの多い
香川県のあんこ入りのお餅ですが、

これは江戸時代の讃岐の特産である

塩・砂糖・木綿のうち砂糖は

幕府の献上品とされていたので
普段庶民の口にはめったに入らなかったため

「せめて正月ぐらい砂糖を口にしたい、
でも役人に目をつけられたら罰せられるかもしれない」

ということで、砂糖を入れた餡を餅に包んで
雑煮に入れて食べられるようになったといわれています。

雑煮は関西風 そのカロリーについて

白味噌のお雑煮のカロリーですが
見た目こってり感に比べて
それほど高くはありません。

関東風醤油すまし雑煮のカロリー

1杯 147~184Kcal
1グラムあたり 0.8~1.1Kcal

に対して

関西風白味噌雑のカロリー

1杯 157~194Kcal
1グラムあたり 0.89~1Kcal

 
香川県白味噌餡餅雑煮のカロリー

1杯  192Kcal~218Kcal
1グラムあたり 1.06~1.2Kcal

なので、同じか具材によっては
カロリーが関東風を下回ることも少なくありません。

どうしてかというと、 

関東風の雑煮の具材には鶏肉や鰤など
動物性の具材が使用されることが多く

比べて、関西風の雑煮は根菜など
野菜の中でも重さのある具材を
用いられることも多いため

1グラムあたりのカロリーや

1杯あたりのカロリーが
相対的に低く抑えることになっています。

ただし、前述したように

白味噌や西京味噌には水飴などが
使用されていることもありますので

甘味が強いと思われたなら
召し上がられる際に汁の量を少なくするなどして
摂取するカロリーを減らしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?
関東にお住まいの方は
おすましの方が馴染み深く、
作るのにも慣れていいるかもしれませんが

関東風が飽きたときや
お餅が余ったときなど
チャレンジしてみてはどうでしょうか?
関連記事:おせち料理のカロリー一覧 高いものから低いものまでご紹介
     失敗しないカロリー制限ダイエットのまとめ

スポンサードリンク

-行事
-,