ショッピング 生活

スタッドレスタイヤのおすすめを比較、その価格や性能は?

スポンサードリンク

冬道に欠かせないのがスタッドレスタイヤですよね。
降雪や気温低下で路面が凍結した時に、
ブレーキ性能を上げることができます。

タイヤメーカーは氷上だけではなく、
ふらつきの抑制や燃費の改善などの
機能も充実させて、差別化を図っています。

そこで今回は、おすすめのスタッドレスタイヤの
価格や性能の比較をお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

スタッドレスタイヤのおすすめを比較、その価格や性能は?

住友ゴム工業の「WINTERMAX 02」は、
氷上でのブレーキ性能を高めるために、

設置する部分のゴムだけを
柔らかくする新技術を取り入れました。

ゴムのしなやかさを維持する
高機能のバイオマス材料を使って、
氷上性能を長期間持続できます。 
 

住友ゴム工業:WINTERMAX 02
参考価格4本税込み:15/65R15、9万円程度

 
 
車高が高く、横風の影響を受けやすいミニバンや
SUV(スポーツ用多目的車)向けに開発されたのが
東洋ゴム工業の「Winter TRANPATHTX」です。

側面の剛性を高めて、
カーブなどでのふらつきを和らげました。

車の滑りを招く細かい水膜を
素早く吸収する構造も採用して、

凍結路面でのブレーキ作用の反応を高めました。
 

東洋ゴム工業:Winter TRANPATHTX
実勢価格1本あたり税抜き:195/65R15、2万1000円

 
 
ブリヂストンの「BLIZZAK VRX2」は、
ゴムに親水性の高い素材を使い、

路面の水を吸収しやすい構造を取り入れて、
路面にしっかり接地するようにしています。

また、摩擦力を向上させる物質を配合し、
ゴムが路面を捉える「グリップ力」を強め、
車のブレーキ性能の向上につなげました。
  

ブリジストン:BLIZZAK VRX2
希望小売価格1本あたり税込み:195/65R15、2万5380円

 
 
横浜ゴムの「iceGUARD6」には、
路面の吸収力を高める素材が使われています。

氷が解けて湿った状態の路面を
運転する際にも車を滑らないようにする
「ウェット性能」を重視しています。

タイヤと路面の摩擦などで生じる
「転がり抵抗」を夏用タイヤと

同等の水準に抑えて、
燃費の改善につなげました。
 

横浜ゴム:iceGUARD6
想定価格1本あたり税込み:195/65R15、2万4500円

まとめ

いかがだったでしょうか?

スタッドレスタイヤはチェーンのように
着脱式の必要がありません。

雪道だけではなく、走行の安定性を保ち、
陶器を通じて使い続けられるため、
普及が進んでいます。

天候の急変に備えて、高速道路会社などは
早めの装着を呼びかけていますが、
摩耗や劣化には注意してくださいね。

関連記事:ハイドロプレーニング現象の原理と原因、対処や対策は?ハイドロ現象
     サーキュレーターの使い方、冬と夏は?アイリスオーヤマ



スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,