健康

夏の肌トラブルの原因や行うべき紫外線対策、日焼け止めのspfとpaの違いは?

厳しい日差しが照りつける夏ですが、
紫外線によるシミやソバカス
が気になりますよね。

そこで今回は夏の肌トラブルの原因や
行うべき紫外線対策、

日焼け止めのspfとpaの違いについて
お伝えしてまいります。

  

夏の肌トラブルの原因は?

夏に起こりやすい肌の
トラブルとは何でしょうか?

多い順にあげていくと、
1.シミ・ソバカス・日焼け
2.シワ・たるみ
3.乾燥
です。

これらのトラブルの原因は、
夏の太陽からふりそそぐ大量の紫外線です。

2~3月頃から増え始める紫外線は、
5月から8月にかけてピークを迎えて、
それに伴って肌トラブルも増えるのです。

紫外線にはUVA、UVB、UVCと
3つの種類がありますが、

このうちUVCは地球のオゾン層に跳ね返されます。

問題は、地表まで届くUVAとUVBです。

この2種類の紫外線がトラブルを
引き起こす引き金となります。

●夏の肌トラブルとその原因
1.シミ・ソバカス・日焼け
原因:UVB 
症状:シミ紫外線とも言われています。
   エネルギーが強く、比較的短時間で
   肌にダメージを与えます。
   ほてりや日焼けを引き起こします。

2.シワ・たるみ
原因:UVA
症状:老化紫外線とも言われています。
   エネルギーは弱いですが、
   コラーゲンなど肌の弾力を支える
   真皮細胞にジワジワとダメージを与えます。

3.乾燥
原因:汗、冷房
症状:汗を拭き取るとき、肌が本来持つ
   うるおい成分もいっしょに
   ふき取ってしまうため、肌が乾燥します。
   室温とともに温度が低下し、
   お肌の水分がうばわれます。
 
シミ・ソバカスの原因となる物質はメラニンです。

メラニンには、UVB紫外線のダメージから
肌を守るという大切な役割があります。

ところが鍛冶用に紫外線を浴びると、
メラニンが過度に増殖します。

さらに28日周期で肌が生まれ変わる
ターンオーバーがスムーズに働かなくなると、

メラニンが排出されず、
シミやソバカスとして
肌に沈着する原因になります。

年齢を重ねた肌や、ターンオーバー機能が
低下することでも起きます。

こうしたトラブルを防ぐには、
日頃のお手入れが何よりも大切です。

スポンサードリンク

夏に行うべき紫外線対策は?

メラニンをきちんと排出するには、
ターンオーバーをスムーズにすることです。

そのためには、マッサージで肌に適度な刺激を与え、
血行を良くすることが大切です。

お肌の中の栄養と老廃物
が行き来しやすくなるのでターンオーバーが進み、
特別なお手入れなしでも角質ケアができます。

指を肌に滑らせるように、
たっぷりのクリームでマッサージするのがコツです。

●クレンジングクリームを使ったマッサージの手順
・顔の皮膚は薄くデリケートなので、
 マッサージを行う時は十分な量の
 クリームで行いましょう。

・クリームの量は、さくらんぼ大が目安。
 マッサージは、力の入りにくい中指と
 薬指で行いましょう。

マッサージの手順
ステップ1

1.あご先からラセンを描きながら
  耳の下までいき、ツボを押さえます。

2.あご先からラセンを描きながら
  こめかみまでいきツボを押さえます。

3.額からラセンを描きながら
  こめかみまでいきツボを押さえます。

週に1~2回、呼吸に合わせて
2~3分程度が目安です。

もし、日焼けをしてしまった場合は、
ほてった肌をコットンパックでクールダウン。

潤いを与えて、ダメージを受けた
肌機能を整えることが大切です。

化粧水を含ませたコットンを
ラップフィルムに包み、

冷蔵庫で約10分冷やすと、
さらにクール感がアップします。

●クールダウンローションでひんやり冷感
1.コットンにたっぷりローションを含ませて、
  2枚にはがします。
2.額とアゴの先、頬にのせます。
  頬の高い部分は、日焼けしやすく
  シミもできやすいので、たっぷりのローションで
  しっかり保湿してあげましょう。
3.3~5分たったらコットンを剥がして
  ハンドプレスします。
  しっかりお肌に染み込ませましょう。

  コットンが乾くと、せっかく潤ったお肌も
  乾くことになりますので、まだローションで
  ヒタヒタのうちに終了しましょう。

日焼け止めのspfとpaの違いは?

spfって?
紫外線UVBを防ぐ効果を示す指数で、
SPF20、SPF50など数字で表されます。

この数字は、紫外線防止効果の持続時間で、
日本人の肌は日光を浴びて20分したら
日焼けし始めると言われているので、

例えばSPF30だと、
20分×30=10時間ほど
紫外線防止効果が持続する、
ということです。

paって?
紫外線UVAを防ぐ効果の程度を示しています。

「+(プラス)」、
「++(ツープラス)」、
「+++(スリープラス)」、
「++++(フォープラス)」の4段階で表示。

「+」が多いほど、紫外線を
カットする効果があります。

spfとpafは高いほうがいいの?
どちらも高いほうが効果は高くなりますが、
その分、肌への負担も多くなります。

お出かけ時間やシーンに合わせて
使い分けるのが大切です。

・通勤やちょっとのお出かけなら
 SPF20~30で十分です。

・外のレジャーならSPF50で

まとめ

いかがだったでしょうか?

お伝えしたように、
この夏こそ、紫外線対策をバッチリ行って

シミやソバカスを作らずに
美しい肌で過ごしてみませんか?

関連記事:日焼け止めの顔への付け方や適量は?ボディとの違いと紫外線を防ぐ服は?
     唇が紫外線で腫れる?ヘルペスとアレルギー対策とその予防方法は?



-健康
-