ダイエット 行事

正月太り解消そのおすすめの方法 その原因と防ぐコツもご紹介

スポンサードリンク

お正月はおせちやお酒など
太る要因がたくさんあり、

新年のお祝いムードもあって
ゴロゴロのんびりと過ごしてしまって

毎年太ってしまうという方も
多いのではないでしょうか?

今回はそんな正月太りを解消する方法や防ぎ方、
その原因についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

正月太りはこうやって解消しよう!

正月太りに限らず、
肥満の解消方法は色々とありますが

人によって合う合わない、
または成功しやすい場合と
成功しにくい場合があります
ので

ご自分が実践しやすく継続しやすいものを
選んで行うようにしてください。

運動によって解消

手っ取り早く、また実行しやすいのが
運動による方法ですが

これは
2、3日で効果がでて
すぐに体重が減るという方法ではありません。

体脂肪を減らす有酸運動は、
軽くでもよいのですが

毎日20分以上継続して
続ける必要がありますし、

筋肉をつけて代謝を上げる無酸素運動も
代謝を促す筋肉をつけるまでには
ある程度継続して行う必要があります。

この季節柄、外はとても寒いので、
ある程度の寒さを覚悟して
毎日ジョギングや散歩のできる方や、

ご家庭にトレーニングマシーンなどの
機器がある場合には有効な方法です。

しかし、毎年正月太りをしている方が

これらを継続的に行うのは
とても困難なことではないでしょうか?

ストレッチやマッサージで解消

代謝の増やし方としては運動の他に、

身体のバランスを整えて
血行をよくする方法があります。

これは運動のように

寒い外で行う必要もなければ
トレーニングマシーンなどの
高額な機器を購入する必要もないので、

それらのことが困難な方にはお勧めです。

まず、仰向けになり
片方の膝を立てます。

今度はその立てた膝を
両手で抱えてお腹に押し付けるようにします。

この時に抱えた方の太ももの裏が
伸びるのを意識して行うと良いです。

次に反対側の足も同じように
両手で抱えてお腹に押し付けるようにします。

これを交互に合計10回ほど行います。

その次に両腕を一直線になるように広げ、
また片方の膝を立てます。

立てた膝が右なら左に、
左膝を立てたなら右にゆっくり倒していきます。

倒したら10秒ほど
ゆっくり息を吐きながらキープします。

この時に顔を倒した方向に向け、
脇腹の伸びを意識しましょう。

これも左右両方交互に10回ほど行います。

このストレッチを一週間から十日程度は
毎晩持続して行ってください。

正月太りは、単に体重が増加しただけではなく
むくんでしまっている場合もあります。
その解消に有効的なのがマッサージです。

むくみの解消は汗をかいて水分を出し、
血行を良くすることも効果的なので

入浴中に足首から太ももに向かって
ゆっくり揉んでいきましょう。

顔のむくみはアゴのラインから上方向にさすり、
次に耳の後ろから鎖骨にかけて首をさすります。

このマッサージは、気分もリフレッシュされ
美容にもよいので正月太りが解消された後も
継続されると良いでょう。

正月太りの原因これだ!

正月太りを起こす原因には様々なものがありますが、
代表的なものに前の章でお伝えしたむくみがあります。

このむくみが起こるメカニズムこそ
正月太りの原因と重なるので
順を追ってご説明いたします。

むくみとはリンパ節や
血管の働きが悪くなり、

その働きが悪くなったところに
余分な水分や塩分が
溜まることで起こるのですが

お正月はとても寒く、
血行が悪くなりやすいという
そもそもの下地があります。

そこに寒いことでさらに

運動することが少なくなり筋力が低下
筋力が低下すると血液の循環も悪くなるため、

さらに血行が悪くなってしまうという
悪循環が起こっしまいます。

加えて、寒いとじっとして
同じ姿勢でいることも増えるため
やはり血行に良くない状態が続いてしまいます。

また、正月料理は砂糖や塩分を
多く使った濃いめの味付けのため

一時的にですが血液の流れが悪くなり、
これもまた血行が悪くなる原因となっています。

これらのことを
全て回避することは不可能かもしれませんが、
対策については次の章をご参考にしてください。

正月太りはこうやって防ぐ!

正月太りには運動不足や血行の悪さ
原因であると前の章でお伝えいたしました。

では、運動を頻繁に行って

薄めの味付けのものを食べるように
心がければ良いのか?というと

その通りではあるのですが、
それもまた困難なことですよね?

じゃあ、どうするのかというと

血行を良くする食べ物を摂取するようにすればよいのです。

身体を温めて血行を良くしたければ

生姜や唐辛子などを

積極的に食べるようにしたり、

ねぎやニンニク、ニラなど

アリシンの多く含まれるものを食べることで

血液のがドロドロなるのを防ぐことができます。

これらの食べ物はスーパーなどでも

簡単に手に入りますし、調理も簡単なので

正月太りを防ぐだけじゃなく

健康を保つためにもお勧めの方法です。

まとめ

お正月は楽しみだけど

毎年太るのが悩みの種だなあ

と思われている方も

今回の記事をご参考にされて
是非、健康的でスリムな身体で
新年をお迎えになってくださいね。

スポンサードリンク

-ダイエット, 行事
-,