レジャー 生活

夏休みの帰省で家族が親の認知症に気づくには?

スポンサードリンク

夏休みに帰省して、離れて暮らす
親と久しぶりに会う予定の人も
多いかもしれませんが、

気になるのが、
高齢の親の心身の不調です。

中でも、初期の認知症には
気づきにくいですよね。

そこで今回は、早めに気づく
ポイントについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

夏休みの帰省で家族が親の認知症に気づくには?

認知症は、脳の神経細胞が壊れて
日常生活が自立して送れなくなった状態で、

アルツハイマー型や血管性、
レビー小体型など様々なタイプがあります。

それぞれ症状や対応法が異なるため、
早い時期に気づき、

受信して診断を受けることで、
適切なケアや治療につながり、

症状を軽減したり進行を
抑制したりすること期待できます。

では、どんな様子に気を
つければいいのでしょうか?

まず、物忘れは認知症の代表的な症状です。

ただ、誰でも年を取ると忘れっぽくなります。

その見分け方としては
「全く覚えていない」となったら要注意です。

例えば、約束の時間が11時なのに
13時に間違えるのは、うっかりミスですが、

約束したこと自体を忘れて、
「そんなこと聞いていない」
言うのであれば認知症が疑われます。

また、高齢者は糖尿病や高血圧など
様々な病気で薬を飲んでいることが多いですが、

認知機能が衰えると、
飲み忘れが目立つようになります。

定量の薬がしまい込まれていたり、
薬を飲まないことで

体調が悪化したりしていないか
確認しましょう。

異変に気づいたら早期受診が大切ですが、
医療機関に連れて行き、

あとはお任せではなく、
親と一緒に過ごす時間を
少しでも増やしてくださいね。

家族が付かず離れずの距離感で見守って、
物忘れなどをとがめず

話に耳を傾ける態度で接することで、
落ち着いて過ごせるケースも多いです。

●初期の認知症のチェックポイント
□「ものがなくなった」「盗まれた」などと訴える
□時間や場所が分からなくなる
□トイレットペーパーなどを大量に買い込み、しまい込む
 食品の場合は腐らせることも
□いろいろなことがおっくうになる
 きれいに好きだった人が入浴しない、
 着替えないなど
 
引用元:「認知症」早期発見のめやす

まとめ

いかがだったでしょうか?

普段離れて暮らしていると、
電話ぐらいでしか

直接話すことはありませんから、
親の心身の変化に気づきにくいと思います。

ですので、帰省で実際に会える時には
注意深く観察して認知症の初期症状に
気づいてくださいね。

関連記事:帰省の時に親の認知症や不調にどう気づく?気づいた場合には?
     認知症で免許を自主返納して家族が運転をやめさせるには?卒業や特典は



スポンサードリンク

-レジャー, 生活
-,