ショッピング 生活

イーバイクのおすすめ商品や値段を比較!

電動アシスト自転車といえば、
親子用を思い浮かべる方も
多いかもしれませんが、

近年は「イーバイク」と呼ばれる
スポーツタイプの電動自動車が
相次いで発売されています。

そこで今回はおすすめのイーバイクや
値段の比較をしてまいります。

  

イーバイクのおすすめ商品や値段を比較!

自転車産業振興協会によると、
2018年の電動アシスト自転車の
国内出荷台数は約67万代でした。

パナソニックは電動自転車の販売に占める
イーバイクの割合は2%程度で、
大半が親子用と推計しています。

ですが、欧州ではイーバイクが主流で、
自転車メーカーはイーバイクの

販売の伸びしろは大きいとみて、
商品郡を充実させています。

パナソニックサイクルテックの
「XM2」は電子制御で変速する

「内装2段階変速機構」を採り入れて、
素早い変速ができるようにしました。

様々な変速パターンがあり、
街中や急勾配な坂道などの環境や、
脚力に応じた走りができます。

走行モードは3種類あり、満充電の場合は、
約61~約107キロメートル走行します。
 

パナソニックサイクルテック:XM2
希望小売価格(税抜き):38万円

 
 
ヤマハ発動機の「YPJ-TC」は、
通勤から自転車旅などの長距離まで

幅広い乗り方を想定して、
5種類の走行モードを設けました。

例えば、スタンダードモードでは、
モーターの補助で約112キロメートル
走ることができ、1日中楽しめます。

速度などを表示するメーターも
見やすさを追求し、

スマートフォンなどが
充電できるUSBポートも付けて、
利便性も高めています。  
 

ヤマハ発動機: YPJ-TC
希望小売価格(税抜き):32万4000円

  

スポンサードリンク
 
  
街乗りで乗り心地を重視したのが、
ベスビージャパンの「PSA1」です。

車体には計量のアルミフレームを使用し、
重さを20キログラム未満に抑えました。

スタイリッシュな外観で、
バッテリーは小型ですが、

最大で90キロメートル
走ることが可能で、

価格はいーバスクでは
割安な10万円台後半です。

ベスビージャパン:PSA1
小売価格(税抜き):18万5000円

  

ベネリの「mini Fold16」
折りたたみ式で、

軽自動車でも後部座席を
倒すことなく積み込むことができます。

ワンタッチの動作で
簡単に折りたため、

キャスターが付いているので
用意に持ち運びが可能です。

グリップやサドルはクッション性を高めて、
快適な乗り心地を目指しました。

ベネリ:mini Fold16
希望小売価格(税抜き):15万8000円

まとめ

いかがだったでしょうか?

体力に自信はないけど、
遠乗りを楽しみたいという方や

自転車通勤をしている
中高年には運転しやすく、

また、快適に乗りこなせますので
ぜひ試してみてくださいね。

関連記事:スポーツタイプの電動アシスト自転車の速度と価格を比較、おすすめは?
     高齢者に適した電動自転車の選び方は?パナソニックとブリジストン


-ショッピング, 生活
-,