ショッピング

秋のワイドパンツの着回し方やコーデは?

ゆったりとしたシルエットのワイドパンツは、
体型を気にせず挑戦しやすいですよね。

そこで今回は、日ごとに
寒暖差が大きくなる秋の着回しと

コーデに取り入れるものついて
お伝えしてまいります。

  

秋のワイドパンツの着回し方は?

ワイドパンツは、
スリムなパンツと違って体を締め付けず、

着心地がよく、太ももや腰回りの体形が
気になる大人の女性におすすめです。

まず、きちんとした印象を与えるためには、
どんなもの選べばよいのかというと、

センタープレスが入ったものがおすすめです。

真っ直ぐな折り目によって、
知的で上品な印象になり、

縦のラインが強調されるので、
スタイルアップの効果もあります。

秋向けなら、
素材はウール混を選ぶとよいでしょう。

温かみがあって、季節感を演出できます。

着こなし方としては、
緑と黄のチェック柄のワイドパンツには、
ネイビーのシャツを合わせ

ハイウェストのデザインは
腰回りが高い位置になるので、
脚を長く見せる効果もあります。

この秋はチェック柄がトレンドの一つなので、
ワイドパンツを主役にしてみるのもよいですね。

着回ししやすいのは、
無地で黒や白、モカ、グレー、
ベージュといった色で、

これらは様々な色や柄の
トップスに合わせやすいです。

例えば、グレーがかかった
モカ色のパンツには、

赤のツインニットを合わせ、
ニットの裾をパンツに入れると、

ウエスト部分を見せると
スッキリとした印象になり、

仕事などのフォーマルな場面にも向いています。

一方、ウエストを見せずに、
丈が少し長めで、レースが施された

黒いブラウスやニットなどに
合わせてもよいです。

靴の色や形、バッグの色や
大きさによっても、
印象を変えることができます。

これからの季節は、
黒や紺などの落ち着いた色の
服が多くなりがちですが、

ぜひ、白のワイドパンツも
ワードローブにに入れみてください。

清潔感があり、目を引きます。

ウエストがゴム素材の
ワイドパンツには、

白のカットソーと
タートルニットのベストを合わせると、

同じ白でも素材や色味が異なるので、
その違いも楽しめるだけでなく、

全体を白でまとめることで、
統一感が生まれ、
縦長のIラインを演出できます。

スポンサードリンク

秋のワイドパンツのコーデは?

ワイドパンツには、
帽子やストールも合います。

下半身にボリュームがあるので、
頭や顔周りにポイントを置くと、
バランスがとれます。

肌寒い季節は、ウールのハットや
カシミヤのストールなどがおすすめです。

ストールは、大判のものなら
巻き方を工夫できるうえ、

サムイオフィスでは、
肩やひざにかけることもできて重宝します。

上質な素材や落ち着いた色柄を選ぶと、
大人の洗練された雰囲気も演出できます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

リラックスしたイメージの
ワイドパンツですが、

仕事やお出かけ時の装いにも活用し、
素材や色にこだわって
上品に着こなしてくださいね。

関連記事:ダウンウェアの着こなすポイント?ダウンベストのコーデは?
     花柄のコーデのコツや取り入れ方、メイクの合わせ方は?




-ショッピング
-