ショッピング 料理

本格的な味の冷凍食品のおすすめは?

10月の消費増税を機に、
スーパーやコンビニエンスストア各社が
冷凍食品に力を入れています。

税率が高くなったことで外食を控え、
自宅での食事を増やそうとする
家庭の需要を取り込む狙いです。

そこで今回は、本格的な味が楽しめる
おすすめの冷凍食品をご紹介します。

  

本格的な味の冷凍食品のおすすめは?

今回の消費増税では、
はじめて軽減税率が導入されましたが、

食料品は従来と変わらない一方、
外食は軽減対象外で、
税率は10%に引き上げられました。

レシピサイト「cookpad.com」の調査によると、
増税の影響で8割の人が
節約志向を強めると回答しました。

外食の機会を減らす人は7割、
自宅調理を増やす人は4割に上り、

消費増税が冷凍食品の
需要拡大につながる可能性もあります。

イオンは9月、調理時間を短縮できる
冷凍タイプの惣菜セット
「トップバリュフローズンCooKit」
第2弾6品目を売り出しました。

4月に第1弾を発売したところ好評だったため、
品ぞろえを増やすことにしたということです。

下ごしらえされた食材に加え、
調味料もセットになっており、
追加の買い物が必要ありません。

電子レンジで温めて半解凍状態にした後、
フライパンで炒めるだけで、
最短10分で調理が完了します。

「白身魚と野菜の甘酢あんかけ」や
「親子煮」といった定番メニューから、

「黒酢酢豚」など中華料理店で味わうような
メニューまで、シリーズ系12種類をそろえています。

冷凍食品なので長期間の買い置きも可能です。

フライパン調理という一手間を加えることで、
家族に手抜きと思われたくない主婦にも人気です。


商品名:トップバリュCooKit白身魚と野菜の甘酢あんかけ
販売価格(税込み):861円
特徴:食材だけでなく水や油、
   調味料も不要で手軽に調理できる

コンビニ各社も、冷凍食品の
ラインアップを強化しています。

セブン-イレブンが力を入れているのが、
ご飯のおかずにも酒のつまみにもなる
「おかづまみ」シリーズです。

電子レンジで温めた後、
皿に移さずに食卓に並べられます。

「手羽中唐揚げ」や「焼き鳥炭火焼き」といった
居酒屋の定番メニューが家庭でも楽しめます。


商品名:セブンプレミアム 手羽中唐揚げ
販売価格(税込み):259円
特徴:容器ごと温めてそのまま食卓に並べられる

 

スポンサードリンク

 
ファミリーマートは9月に、
人気の惣菜シリーズ「お母さん食堂」
冷凍タイプ8商品を投入しました。

通常の冷凍食品は、コンビニ店頭にある
高出力の電子レンジでは温められませんが、

新商品は耐熱仕様の容器を採用しており、
店頭で温めて持ち帰ることもできます。

同社では冷凍食品売り場の拡充も進めており、
売上も伸びているということです。


商品名:お母さん食堂 花椒香る四川風麻婆豆腐丼
販売価格(税込み):430円
特徴:弁当と同じように店頭の
   電子レンジで温められる

  
 
ローソンは子会社の高級スーパー
「成城石井」が開発した
冷凍食品を販売しています。

中華ちまきや肉まんなど5品目で、
うま味調味料を使わず、

こだわりの素材を生かした味に仕上げています。


商品名:ごろっと煮豚と有機筍の中華ちまき
販売価格(税込み):496円
特徴:高級スーパー開発の
   本格的な味を気軽に楽しめる

まとめ

いかがだったでしょうか?

日本冷凍食品協会のデータでは、
一人当たりの冷凍食品消費量は増加傾向にあり、
2018年は22.9キログラムと過去最高を記録しました。

各社は調理の手軽さだけではなく、
飲食店と遜色ない味も追求しているので
ぜひ試してみてくださいね。

関連記事:冷蔵庫の冷凍庫の入れ方や整理整頓とチルドに入れるものや使い方、収納のコツは?
     冷凍ご飯の解凍の残りの使い道、簡単アレンジと美味しく解凍する方法



-ショッピング, 料理
-,