家事 生活

ニットの洗い方や干し方は?

これからの季節は、
ニットを着る機会も増えますよね。

そこで今回は、型崩れや毛玉を防ぐための
自宅での洗い方や干し方について
お伝えしてまいります。

  

ニットの洗い方や脱水の仕方や?

ニットの扱い方は商品によって異なりますので

服の内側のタグに付いた「洗濯表示」で、
手洗いが可能か確認しましょう。

洗濯表示は、国際規格に合わせて
2016年12月に改正され、
洗濯水の温度の限度なども見直しされた。

手持ちの服には以前の表示のものも
ありますから、注意しましょう。

ニットは、空気中のほこりや汗、
皮脂などで汚れますので、

終日外出した日や
汗をかいた日は1回の着用で、

そうでなくても2、3回着れば、
洗濯するかクリーニングに出しましょう。

自宅で洗う時は、
手で押し洗いするのが基本です。

必要なのは、おしゃれ着用洗剤、
洗濯ネット、おけ、ゴム手袋です。

ポイントは、とにかく
摩擦を起こさないことです。

生地がこすれ合うと、
毛羽ができ、毛玉になります。

毛羽立ちを防ぐには、
洗濯ネットを活用しましょう。

ニットを洗濯ネットの
幅に合わせてたたんで、
ぴったり入れます。

これは中の服が動いて
こすれ合わないようにするためです。

おけに水を張って、
おしゃれ着用洗剤を
(商品表示を参照)適量入れ、

ゴム手袋をした手で
かき回して溶かします。

おけに洗濯ネットに入れたニットを沈め、
2~3回優しく押し洗いします。

次に取り出して洗濯機に入れ、
一番弱い設定ですすぎ、
1分ほど脱水します。

時間が長いとニットを
傷めてしまいますので、

水がしたたらない程度に
脱水できていれば十分です。

柔軟剤を使う場合は、
脱水後に、おけに再び水を張って

柔軟剤を溶かし、洗濯ネットに入れた
ニットを入れましょう。

ここでも軽く押し洗いして、
脱水すれば洗濯は完了です。

●洗濯表示の見方
手洗いができる

日陰の平干しが良い



スポンサードリンク

●自宅で洗う手順
1.ニットをたたみ、幅をあわせて
  洗濯ネットに入れる
      ↓
2.洗剤を溶かした水の中で押し洗い
  もんだりこすったりしない
      ↓
3.最も弱い設定ですすぎ、脱水する。
  時間は短めに
      ↓
4.風通しの良い場所の
  日陰で平干しする

ニットの干し方は平干しが正解?

乾かす時は、平らに置いて
干すのが鉄則です。

かけたり、
吊るしたりすると、

水分の重みで
ニットが伸びてしまいます。

洗濯用の平干しネットを
使うのが望ましいですが、

ソファや大きなクッションなどに
バスタオルをかけて、

その上にきれいに広げて
乾かしてもOKです。

直射日光に当て続けると
色落ちの原因なるため、

風通しのよい日陰を選んでくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

お気に入りのニットは
できるだけ長く着たいですよね。

そのためには、今回お伝えした
洗い方や干し方を守ってくださいね。

関連記事:メンズカーディガンの秋コーデはダークグリーンやボルドーがおすすめ!
     洗濯物の部屋干しの臭いの原因や対策と早く乾かす方法は?



-家事, 生活
-,