生活

秋こそ掃除におすすめの季節、ダニや油汚れもバッチリ!?

スポンサードリンク

大掃除は年末にするものと
考えてしまいがちですが、

暑さが落ち着いて、
空気が乾燥している秋は、
実は大掃除に絶好の季節です。

そこで今回は、
秋に行う掃除のダニ対策や

油汚れの取り方について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

秋こそ掃除におすすめの季節、ダニや油汚れもバッチリ!?

秋の注意点としてまず挙げられるのが、
ダニによるとアレルギーです。

夏に繁殖したダニのフンや死骸などが
アレルゲンとなり、

秋にダニアレルギーを引き起こしやすく、
特にカーテンなどの大きな布類は、

ダニアレルゲンも
汚れもたまりやすいので要注意です。

空気が乾いているで、
干して自然乾燥でるのも秋の強みです。

ただ、カーテンを洗う前に、
カーテンレールや窓ガラス、

網戸などを掃除しておくことを
忘れないでください。

窓を明けたりベランダ出たりする作業も、
天気のよい秋なら真冬よりつらくありません。

カーテンは洗濯表示を確認し、
表示通りに洗います。

汚れや黄ばみが目立ちやすい
レースカーテンは、

酸素系の漂白剤を併用すると
洗浄力とともに白さも期待できます。

台所の油汚れも、気温が高い方がゆるんで
落としやすくなっており、

年末など真冬はむしろ
最も落ちにくい時期です。

夏は気温とともに湿度も高いため、
目に見えなくても雑菌やカビが
繁殖している恐れもあります。

夏にたまった汚れは、
時間が経過するほど

取れにくくなってしまうため、
秋は掃除のチャンスです。

レンジフードや換気扇の
フィルターを外して、

洗剤をつけたスポンジで拭くか、
網目があるものは歯ブラシなとで洗います。

おすすめするのが、
粉石けん50グラムを

40度前後のぬるま湯
500ミリリットルで溶かし、

軽く混ぜて3時間ほど置いた
「ゼリーせっけん」です。

軽く固まった石けんを手でかき混ぜて、
汚れ全面に塗ります。

20分ぐらい置いて、
スポンジで軽くこすって洗い流します。

網戸もゼリーせっけんを使って洗うと、
汚れを効果的に落とせます。

夏場の皮脂汚れが衣類に
たまっていることも多いので、

衣替えで収納する前には、
しっかりと洗濯しましょう。

皮脂汚れが残ったままだと、
害虫や雑菌が繁殖し、

春に取り出したときに、
虫食いや黄ばみ、

嫌な臭いが衣類から落ちなくなって
しまいますので注意が必要です。

目で見てわかるほどの
皮脂汚れやシミがある場合は、

酸素系の漂白剤で
つけ置き洗いするのがおすすめです。

襟や袖の黒ずみも皮脂汚れなので、
石けんでこすって部分洗いしてから
洗濯機に入れるようにしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

いそがしい年末にまとまった
大掃除の時間を確保するのは大変なうえに、

寒い季節に屋外や水回りの掃除を
面倒だと感じる人は多いかもしれませんが

秋にすっきりすることで、
年末はゆったりと過ごせるおすすめですよ!

関連記事:冬支度のための暖房器具の手入れや掃除、寝具やカーテンの準備は?
     大掃除を早めにするなら窓からが簡単、サッシの溝や網戸のコツは?



スポンサードリンク

-生活
-