ショッピング 生活

子供服が原因の事故をどうやって防ぐ、安全性を高めるには?

スポンサードリンク

子供服は、見た目の
かわいらしさで選びがちですが、

服に付いたひもや
フードが遊具に絡まるなど、

思いがけない事故に
つながる恐れもあります。

そこで今回は子供服の事故を
どうやって防ぐのか、

安全性の高め方や対処について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

子供服が原因の事故をどうやって防ぐ、安全性を高めるには?

最近はインターネット通販などで、
国内外の子供服を手軽に購入できますが、

デザインや見た目の好みで
服選びをする人も多いでしょう。

ですが、子供服には事故につながる
危険も潜んでいます。

東京都が1~12歳の子供の親1163人を対象に、
2006年に行った調査では、

「フードが何かに引っかかって首が絞まった」
「服のボタンが取れて誤飲した」
など、

子供服によるケガの危険を
感じた経験のある人が約8割おり、

実際にケガをしたと
答えた人も約2割いました。

こうした危険性を周知しようと、
経済産業省はパンフレット
「その服、『カワイイ』だけで選んでませんか?」
を作ってホームページで公開しています。

子供服に起因する事故について、
イラスト入りで事例を紹介しています。

上着のひもが遊具に引っかかる、
フードがドアノブに引っかかり首が締まる、

ズボンの裾に付いたひもが電車のドアや
エスカレーターに挟まり転倒する、

上着のひもが自転車の
タイヤに巻き込まれる...などです。

そのほか、子供同士がふざけて
服のひもやフードを引っ張りあ合ったり、

遊具をつかむ際にサイズの
大きい服の長い袖が邪魔になったりして、
ケガにつながることもあります。

●子供服の危険性
・首周りのフードやひもが遊具にひっかかる
・ズボンのすそやリボンが電車のドアなどにはさまれる
 
子供を事故からまもル取り組みとして、
多くの保育園では、寒い時期には、

子供たちは上着を着て
散歩や外遊びに出かけますが、

事故を防ぐために、
フードやひもの付いた服を
着せないようにしています。
 
また、経産省は2015年に、
子供服に関する日本工業規格
(JIS、日本産業規格に改称)を策定し、

13歳未満向けの服を対象に、
フードに付いた引きひもや、

首の後ろでひもを結ぶタイプの
「ホルターネック」などを規制しました。

首まわりのひもが遊具や
ドアなどに引っかかると、
窒息危険性が高いためです。
 
子供服メーカーの「ファミリア」は、
全商品JIS規格に対応させ、

フード付きの商品は全てフードを
全体から取り外せるようにしています。

百貨店「三越」や「伊勢丹」は、
JIS規格を満たした商品を
取り扱うようにしています。

ただ課題もあり、JISは品質や
安全性などを定める国の統一基準で、

任意の規格のため、
メーカーへの強制力はありません。

そのため、国内で流通する服が
全てJIS規格に合ったもの
というわけではありません。

●子供服の安全対策のポイント
・子供服を購入する際に、
 JIS規格の表示を確認する。
・引っかかりやすいひもや
 リボンがない服をなるべく選ぶ。
・公園なとで遊ぶ際は、
 ひもフードのある服を着ない。
・長い袖や裾も引っかかたり、
 転倒したりする原因に。
 体のサイズに合った服を着る
・親子で服の危険な部分を確認して、
 例えばフードは取り外して遊ぶなどの
 対策を話し合う。

まとめ

いかがだったでしょうか?

子供は活発に動き回りますが、
まだまだ視野は狭いので

なるべく安全規格を満たした
商品を選びましょう。

また、体のサイズに合った服をきたり、
遊ぶ時はフードを取り外したりするなど、
親子でよく話し合ってくださいね。

関連記事:子供を自転車に乗せるときの交通ルールや注意点は?
     通学路の子供の安全はどう確保する、安全確認の方法は?



スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,