保険 健康

はしご受診とはなに、デメリットや費用は?

スポンサードリンク

「医者と相性がよくない」
「診断に納得できない」
「処方薬が効いていないように思う」
など、

最初に受診した医療機関に
不信感を持って、

別の医療機関を転々とした
経験はないでしょうか?

そこで今回は、そのような
「はしご受診」とはなにか?

そのデメリットや費用について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

はしご受診とはなに、デメリットや費用は?

ひとつの医療機関に通う
「通常受診」に対して、

医療機関を次々に変えることを
「はしご受診」または、
「重複受診」と呼びます。

はしご受診には、
デメリットがいくつもあり、

3割負担の大人が受診する場合、
通常受診なら、初診は860円で、
2回目以降は再診料は220円となります。

一方、医療機関を転々とする
はしご受診は、

それぞれの医療機関ごとに
初診料が860円かかります。

三つの医療機関を
受診すると計2580円で、
通常受診の2倍近くなり、

各医療機関で受けた
検査の費用も加わります。

国民の医療費は現在、
総額約43兆円にのぼり、

そのうち外来にかかる
費用は34%を占めます。

1回の窓口の支払い1~3割でも、
残りの医療費の財源は、

ほとんどが国民や
事業主が支払う保険料です。

はしご受診をはじめ、
無駄な医療費を抑えることは
国の医療費削減につながります。

デメリットはお金だけではありません。

例えばエックス線検査など、
同じような検査を毎回受けると
体の負担になりますし、

似たような薬をもらって、服用の仕方を
間違えてしまう危険もあります。

では、受診した
医療機関に不満があった時、
どうすればよいのでしょうか?

国や健康保険組合などは、
健康相談にも乗り、

必要に応じて専門家の
医療機関も紹介する

「かかりつけ医」を持つことを勧めています。

かかりけ医なら、
治療中の相談に応じてくれます。

病は必要な医療を適切に受けることが
なにより大切ですので、

医療の上手なかかり方を知りましょう。

はしご受診は、
セカンドオピニオン(別の医師の意見)を
受けることとは違います。

セカンドオピニオンは、
重い病気などの治療方針を決める時に、

最善の治療法にたどり着くために
主治医以外の意見を聞くことです。

主治医から検査データなどをもらう際は、
情報提供料として1500円
(3割負担)がかかります。

●通常受診とはしご受診の費用の比較
通常受診         はしご受診
(同じ医療機関を受診) (3医療機関を受診)
初診料860円      A病院で初診料860円
(+検査料など)    (+検査料など) 
再診料220円      B病院で初診料860円
            (+検査料など)
再診料220円      C病院で初診料860円
            (+検査料など) 
1300円       2580円
(+初回検査料など)  (+3医療機関での検査料など)

まとめ

いかがだったでしょうか?

お医者さんの診断に
納得がいかなかったり、

対応に不信感を持つことは
少なくありませんが、

その度に病院や医師を
変えていては費用だけではなく、

体にも負荷がかかってしまいますので、
できるだけそのようなことは
避けてくださいね。

関連記事:年末年始の医療費は休日加算される?
     病院の紹介状や診断書の金額は?



スポンサードリンク

-保険, 健康
-,