健康 生活

高齢者の安眠方法や冬場の睡眠改善のコツは?

スポンサードリンク

年齢を重ねると眠りが浅くなったり、
朝早く目覚めたりしやすくなりますが、

冬場は特に寒さや乾燥などによる
睡眠の悩みも生じます。

そこで今回は、
高齢者が安眠するための方法や
冬場の睡眠改善のコツについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

高齢者の安眠方法や冬場の睡眠改善のコツは?

必要な睡眠時間は個人差が大きく、
成人では約4~10時間とされています。

ただ、高齢者は若い人に比べて、
深い睡眠の頻度、持続時間とも少なくなり、

早く目覚めやすくなると考えられ、
加齢に伴う自然現象で避けがたい面もあります。

とはいえ、高齢者の眠りの悩みを
改善する手段はほしいですよね。

寝具の工夫や寝室環境、
日中の過ごし方を見直すとで
改善効果が期待できます。

寝具では、軽くて保温性の高い
羽毛布団がお薦めです。

高齢者は筋力が落ちており、
寒いからと布団や毛布を

何枚も重ねると寝返りしづらくなり、
眠りが悪くなります。

さらに、掛け布団だけでなく、
敷布団の保温性を高めることも
効果があります。

ただし、電気毛布や
電気アンカを一晩中使うと

布団の中が暑くなりすぎるため、
深い眠りが妨げられがちです。

就寝前に布団を温めるために使うか、
タイマーで短時間で
オフになるように設定してください。

寒さ対策として、
お勧めのの方法としては、
足首まで湯につける足浴です。

人は体温が下がると眠気が起こり、
眠りに落ちる頃には手足から熱が放出され、
さらに体温が下がった状態になります。

入浴が面倒な日も足を温めてから床につくと、
足元から熱が放出されやすくなり、
寝つきがスームズになりま。

油温は40~42度が適当で、
足のマッサージや手を温めるのも効果的です。

見落とされがちなのは湿度で、
高齢者は肌が乾燥しやすく、

特に冬場は乾燥によるかゆみが、
眠りを妨げることも少なくありません。

保湿クリームをこまめに塗り、
肌の乾燥を防ぎたいところです。

就寝中にエアコンをつける場合は、
加湿器などを利用して、

寝室の湿度は50%程度を
保ちたいところです。

日の過ごし方も重要になります。

日光を浴びる時間を工夫すれば、
ホルモンの作用で睡眠の癖を
直すことも可能です。

人は朝早くに日光を浴びると
夜の早い時間に眠くなりやすくなります。

極端に朝早く目覚めてしまう場合は、
午後に日光をしっかり浴びるのも効果的です。

日光が弱まっていくのを目が感じ取ると、
スムーズな入眠につながりやすいことも
分かっているので、

寝つきが悪ければ、夕方に眺めたりして、
日差しが陰る感覚を得ることもお勧めです。

●シニアの睡眠を改善するコツ
・軽くて保湿性の高い寝具を選ぶ。
 背中から熱が放出されるため
 敷き布団にも注意
・寝間着の厚着は避け、
 肌に直接触れる素材は
 綿がお薦め
・寝る前に足浴をする。
 湯の温度は40~42度
・寝室の湿度は50%程度に保つ。
 保湿クリームでは他の乾燥を防ぐ
・日光を浴びる時間を工夫して、
 睡眠の癖をなおす。
 早朝に日光を浴びると夜早く
 眠たくなることを覚えておく

まとめ

いかがだったでしょうか?

個人差もありますので、
自分に合うか試してみるのもよいでしょう。

散歩や軽いジョギングで
体を適度に疲労させるのも大切です。

冬や屋内に閉じこもりがちですが、
十分に防寒して、転倒に注意して
体を動かしてくださいね。

関連記事:高齢者の寝付きが悪い、夜眠れないの原因は?不眠改善の方法は?
     高齢者のヒートショックの原因や対策、予防するには?




スポンサードリンク

-健康, 生活
-,