健康

大腸憩室症の症状や原因、治療方法は? 

大腸の壁の一部が袋状に膨らみ、
外側に向かって飛び出る病気、

「大腸憩室症」は、罹患すると
出血や強い痛みを伴う炎症が
起こりやすくなります。

こ病気の患者は高齢者が多く、
大量出血すると手術が必要になる場合もあり、
注意が必要です。

そこで今回は、大腸憩室症の症状や原因、
治療方法についてお伝えしてまいります。

  

大腸憩室症の症状は?

大腸の壁には、便を送り出す
収縮運動を担う筋肉の層があります。

欠陥が筋肉層の所々を
貫通しているのですが、

町の運動に伴って
内側から圧力がかかると、

押し返す力の弱い貫通部が
逆に押し出されてしまうことがあります。

こうしてできた袋状の突出部を
「憩室」といいます。

直径1センチ前後で、
1~2個にとどまる人もいれば、

長い時間を経て
100~200個できてしまう人もいます。

単に飛び出るだけでは無症状ですが、
憩室の血管が破れると、
便に血が混じります。

ほとんどの人は、
これで初めて異常に気がつきます。

まれに大量出血することがあり、
血圧が急激に下がって

意識障害や臓器不全を引き起こします
「ショック状態」に陥る危険性もあります。

出血がなくても、憩室が炎症を起こすと、
強い腹痛や高熱に見舞われます。

炎症部に穴が開き、腹膜炎などの
重い合併症を患う人もいます。

●大腸憩室症の症状
・血便(まれに大量出血する場合も)
・強い腹痛や高熱

大腸憩室症の原因は?

この病気は無症状の人も多く、
実態はよくわかっていませんが、

大腸の内視鏡検査を受けた人の
約2割から憩室が見つかったとする
調査報告もあります。

加齢で腸壁が弱くなった高齢者や、
食物繊維の摂取量が少ない人は、

憩室ができるリスクが
高いと考えられます。

出血は、便などの刺激で
憩室の血管が傷ついて起こります。

血液をサラサラにする
薬を服用している人は、

血が止まりにくい
状態になっているため、要注意です。

一方、炎症の主な原因は、
憩室に便がはまり込むなどして、

細菌が繁殖することだとされています。

●大腸憩室症の発症の仕組み
動脈が腸内の圧力で、
腸壁の弱い部分が押し出される

袋状の「憩室」ができ、
出血や炎症を起こす。

スポンサードリンク

 

大腸憩室症の治療方法は?

出血している場合は、
まず内視鏡で検査して、

憩室が原因かどうかを確認します。

食中毒などが原因の
可能性もあるためです。

一般的には、出血部を内視鏡で確認しながら、
憩室の入り口や傷ついた血管を

医療用の小型クリップで挟んで
止血する治療が行われます。

しかし、憩室そのものは残るため、
再出血のリスクが高いという課題があります。

近年、内視鏡を使って憩室を
腸の内側に引っ張り込み、

根元をゴムバンドで縛る
「EBL(内視鏡的バンド結紮術)」
も登場しました。

縛った憩室は壊死してなくなるため、
クリップより再出血が少ない利点があります。

けれど、器具の操作が難しく、
壊死した部分に穴が開くこともあるため、

治療の対象患者は
限られているのが現状です。

炎症で痛みが強い場合は、
入院して断食して、

細菌を殺す抗菌薬や
栄養分を点滴で投与します。

腸に穴が開くなど炎症が重症化すると、

患部の腸を切って縫い合わせる
緊急手術が必要になります。

一方、無症状なら
治療の必要はありませんが、

憩室が増えないよう
食物繊維をとることなどを心がけましょう。

この病気を防ぐことは
なかなか難しいのですが、

肥満や飲酒、喫煙は憩室からの
出血や炎症を起こすリスク要因になります。

出血後は、早ければ早いほど
内視鏡を使ってスムーズに治療できるため、
ためらわず受診してください。

●大腸憩室症の治療法
出血の場合
・クリップ法
 憩室の傷ついた血管や
 入り口を塞いで止血
・EBL(内視鏡的バンド結紮術)
 内視鏡で憩室を町の内側に引っ張る
       ↓
 根元をゴムバンドで縛る

炎症の場合
・抗菌薬や栄養分を点滴
(緊急手術が必要な場合も)

まとめ

いかがだったでしょうか?

食生活の変化や高齢化などにより、
この病気の患者数は
増加傾向にあるとされています。

大腸がんの原因になることはありませんが、
がん検診で大腸の内視鏡検査を受けた際に
憩室が見つかる場合あります。

50歳以上の人なら一度、
内視鏡検査を受けてください。

関連記事:潰瘍性大腸炎はなぜ起き、どんな病気や症状?治す方法や選択肢は?
     感染性胃腸炎ウイルスの種類や対策、消毒方法や予防方法は?



-健康
-,