園芸 生活

じゃがいもを袋栽培するための培養土での育て方は?

スポンサードリンク

自分で育てた野菜で
食卓を彩ることができれば、

楽しいし、周りにも
喜んでもらえますよね。

ただ、素人が思いつきで
野菜を植えてみても
なかなか上手く育ってはくれません。

そこで今回は、初心者でも
上手く育てられる培養土を用いた

じゃがいもの袋栽培と育て方について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

じゃがいもを袋栽培するための培養土での育て方は?

初心者のじゃがいもの栽培は、
2月下旬から3月上旬にかけての
時期にお勧めです。

畑がなくても可能で、
園芸店やホームセンターなどで

野菜栽培用の培養土と
種芋を用意するだけで
道具はほとんど必要ありません。

プランターを用意してもよいですが、
培養土の袋をそのまま利用できます。

種芋は前もって2週間ほど日光にあて、
芽を育てておくとよいでしょう。

専用の種芋は病気にならないよう
処理が施してあります。

スーパーなどで売られている
じゃがいもではなく、
必ず専用のものを使ってください。

100グラム以下の小さな種芋を、
切らずに使います。

準備ができたら、まず土の袋を開けて、
半分ほど土を取り出します。

取り出した分は後で使うので、
保管しておきます。

袋の下に排水用の穴を
20個ほど開けたら、

芽を植えにして種芋植えて、
袋の中の土を5~7センチかぶせます。

種芋を二つうえる場合は、
15センチほど間隔をあけます。

袋は日当たりの良い
ベランダなどに置いておけば、

2週間ほどで、
芽が顔をのぞかせてくれます。

それまでは水をまく必要はありません。

不安かもしれませんが、
根が生えないうちは、
種芋が水に漬かる腐ってしまいます。

じっと成長を見守るのも
楽しみ方の一つです。

芽が土の表面から出てきたら、
剥がしおれた時に水をやりましょう。

約15センチほどの高さまで成長したら、
数本あるうた丈夫な2本を残して
芽は根元から切り取ります。

初めに取り出した土を半分戻します。

花芽につぼみがついたら、
残りの土をかぶせます。

土をかぶせるのは、
じゃがいもは種芋の上部で
枝分かれしてできるためです。

育ち方を知ると、一つ一つの作業に
意味があることが分かるのも
楽しくなります。

暑さが苦手なじゃがいもは
6月下旬頃になると葉が枯れてきます。

そのタイミングが収穫時で、
一つの種芋から7、8個取れれば成功です。

自分の手で育てたじゃがいもで
カレーや肉じゃが、コロッケなどを
作るのも格別ですよ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

正しい育て方を知れば、
野菜づくりに失敗はありません。

日々の成長や変化が分かるのも
野菜づくりの面白いところなので、
ぜひ挑戦してみてくださいね。

関連記事:冬野菜はどうして甘い、その秘密は?冬野菜の甘さを活かす調理法は?
     干し野菜の作り方 室内や夜の場合は?ゴーヤ 白菜 人参 かぼちゃ




-園芸, 生活
-,