健康

インフルエンザの腹痛で下痢なったらどうする?食事や嘔吐が伴う場合

スポンサードリンク

寒さが一層厳しくなるこの季節になると
流行りだすのがインフルエンザですが、

このインフルエンザに不幸にも感染し
発症してしまった結果、
腹痛をともなう症状が出た場合には
どう対処すればよいのでしょう?

今回はそんな腹痛をともなう症状に対する対処と
食事についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

インフルエンザの腹痛で下痢なったらどう対処すればいい?

インフルエンザに感染・発症した場合の症状として
腹痛をともなう下痢がありますが、

これはB型や新型インフルエンザの特徴で
消化器系統にその症状が強く出るためです。

ですが、必ずしもインフルエンザが
原因ではない場合もあるので注意が必要です。

例えば、インフルエンザと同時期に
流行する感染症にノロウイルスがあります。

このノロウイルスは手の指や
食品を介して経口で感染するのですが、
感染すると腸内で増殖して
腹痛や下痢、嘔吐などを引き起こします。

他にもインフルエンザの治療薬である
タミフルやイナビルの副作用にも
腹痛や下痢、吐き気などの胃腸症状が出るので

まず、腹痛や下痢の原因がなんであるか見極める必要があります。

分かりやすいのは、タミフルやイナビルなどの
治療薬を接種または投与される前に
腹痛と下痢の症状が出ていれ
ば治療薬の副作用の可能性はなくなります。

もし、治療薬を服用したあとに腹痛や
下痢の症状が出た場合でも薬の服用はやめないでください。

せっかくインフルエンザを治療するために
服用したのですから必要量を飲みきらないと効果がでません。

ただし、副作用があまりにもひどいと
感じる場合には医師による診察と
中止もやむを得ないケースも考えられますので
慎重にご判断ください。

次に、インフルエンザか
ノロウイルスのどちらが原因か
確かめる方法ですが、

一般的には高熱などの症状が強く出る場合はインフルエンザ

腹痛や下痢が強く出る場合にはノロウイルスという見立てもできますが

これはあくまで素人の判断に過ぎないので、
やはり医療機関による検査をお勧めいたします。

なぜなら、インフルエンザとノロウイルスは
流行時期が同じため同時に掛かっている可能性も
少なくないからです。

同時に発症している場合は
重症化し命の危険さえある
ので
高熱と下痢が伴ってあらわれた場合には
速やかに医師の診断を仰ぎましょう。

どちらにせよ、
ウイルスを身体の外に排出しようとする反応が
下痢という症状にあらわれているので

下痢止めなどによって無理におさめようとすると
かえって症状が長引きます
ので
症状を改善するためにも積極的にトイレに行って
ウイルスの早期排出を促しましょう。

このときに注意しなければならないのが脱水症状です。
次の章ではそれを回避するための水分補給と食事についてお伝えします。

インフルエンザで腹痛になったらどんな食事をすればいい?

インフルエンザを発症すると、
高熱などで体力が低下すると同時に
汗や下痢などによって身体の水分や
栄養が大量に排出されるため
回復のためにもしっかりと補給する必要があります。

ただし、闇雲に水分をたくさん取れば
良いというわけではありませんし
身体も弱っているので
それを簡単に行うことも困難な状態です。

では、どのような方法が最善な方法かというと

ゆっくりと時間をかけて少量ずつ食事や水分を接種することです。

これはどうしてかというと、

胃が弱っているときに
急に飲み物や食べ物が入ると
胃に負担がかかってさらなる下痢や嘔吐を
誘発する危険性
があるからです。

ですので、大人の場合は上記のことを
心がけながら水分を補給し
それができない子供や幼児の場合は
大人が時間をかけてスプーンやスポイトなどを
利用して急な接種にならないよう
調整してあげてください。

また、水分も水やお茶だけで補うのではなく
ミネラルも補っておかないと
脱水症状は起こってしまうので

ナトリウムなどが含まれたイオン飲料などを
接種するよう心掛けると良いでしょう。

見つからなければ、スポーツ飲料でもよいのですが
冷えた状態だとやはり胃に負担をかけてしまうので
必ず常温ので摂るようにしましょう。

食事はお粥などの流動食を基本に
温かく消化の良いものがいいでしょう。

茶碗蒸しや十分にふやかした
おうどんなどがお勧めです。

その際は具なども工夫して天ぷらなどの揚げ物や
肉類など油っぽいものは避けておきしょう。

インフルエンザの腹痛で嘔吐をともなう症状がでた場合

インフルエンザの症状の中には
上述した下痢の他に
嘔吐もともなうこともあるので
やはり対処する必要があります。

インフルエンザによる吐き気を沈めるには
市販の薬ではあまり効果が期待できません。

なぜならその症状の原因は
インフルエンザからくるものなので

耐えられないほどひどいと感じる場合には
医師の診断を仰ぎましょう。

その場合、強い吐き気のため
経口による薬の服用が困難であることを伝え、
点滴などの投薬をお願いしましょう。

ただ、インフルエンザの治療薬には上述しているように
吐き気をもよおす副作用を起こすこともあるので
その点も十分に医師とご相談ください。

まとめ

人によっては風邪やインフルエンザにかかると
熱よりも先に胃腸などの消化器に
症状があらわれるという方も
いらっしゃるかもしれません。

そんな方も気をつけておかないと
他の病気を併発していたり
重症化することもあるかもしれませんので
油断せずにしっかりと対処なさってくださいね。

スポンサードリンク

-健康
-,