健康 生活

高齢者でもできる高座椅子のおすすめの運動や使い方は?

スポンサードリンク

年齢を重ねると、正座などで
痛みを感じることが増えてきますが、

脚の付いた座椅子「高座椅子」があれば、
楽に座ることができて、
立ち上がりやすくなります。

夏の暑い時期には外出も減りますが、
自宅で体を動かすためにも活用できます。

そこで今回は、高齢者でもできる
高座椅子のおすすめの運動や
使い方についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

高齢者でもできる高座椅子のおすすめの運動や使い方は?

高座椅子は一般的な座椅子とは異なり、
短い脚が付いています。

和室の畳を傷つけないように、
前脚と後ろ脚が板などで
つながる構造になっている物が主流です。

カリモク家具では30年以上前から
高座椅子を制作しており、

同社では「こうざいす」と呼びますが、
一般的には「たかざいす」ともいいます。

同社には座る一が高さ26センチと
35センチの製品があり、

机の高さなどに合わせて
選ぶことができます。

座椅子と違って床にぺったりと
座り込む必要がないため、
膝の負担が軽減されます。

正座やあぐらがしにくくなった
高齢者を中心に人気です。

同社の高座椅子は和室だけでなく、
洋間にも合うデザインで、

一般の座椅子よりも座面が低いため、
天井が高く、室内空間を
広く感じられることも魅力です。

 

こうした高座椅子は足の裏を
床に完全にくっつけることができるため、
安全に室内で運動しやすい椅子です。

まずは、「おすもうさん体操」から。

座ったままの四股踏みで、
片方の脚を上げて、
そのまま卸ながら足の裏全体で踏みしめます。

両手を膝の上に
置いておくのがポイントです。

「上げて、上げて」
「よいしょ」などと
かけ声も一緒にかけます。

足を動かした後に、つっぱりなどの
手の動きを加えてもよいですね。

高齢者に人気のある相撲の動きを
取り入れているので、
楽しく体を動かすことができます。

●おすもうさん体操
・交互にゆっくり足を上げる
・両手を膝の上に置く
 
 
次は「足踏み体操」で、
足と一緒に腕も動かします。

「1、2、3」「あいうえお」など
かけ声をかけるとリズムが出ます。

お勧めは数を数えながら、
5の倍数の時だけもの名前を言う方法です。

例えば、野菜の名前なら
「3、4、トマト」
「8、9、キュウリ」などとなります。

同時に別のことをする
デュアルタスク(二重課題)の方法を
取り入れています。

体を動かしながら頭の刺激になります。

●足踏み体操
・足踏みしながら両腕も動かす
・かけ声でリズムを取りながら

 
「足伸ばし体操」は、
大腿筋を鍛える運動です。

片足を浮かせて前に伸ばし、
もう片方の足は地面に
しっかりつけておきます。

こちらも数を数えながら行います。

慣れたら、伸ばした足のつま先を
手前に引くように動かしてみましょう。

膝の裏が伸び、より負荷がかかります。

いずれの運動も痛みを感じない程度に、
自分で心地いいと思える範囲で
ゆっくりと行うことが大事です。

●足伸ばし体操
・足上げは5秒くらいで
・慣れたら、つま先を手前に引くイメージ

まとめ

コロナウイルス感染防止を考えて、
外出を控える高齢者が増えている上、
暑さで外出する機会がさらに減りそうですが、

家の中でじっとしていると、
体の機能が低下します。

骨粗鬆症予防のためにも、
室内てできる運動で
体に刺激を与えてくださいね。

関連記事:高齢者におすすめの運動、フラダンスとタップダンス その効果は?
     介護状態を予防するための簡単な運動、食事や栄養は?




-健康, 生活
-,