健康

網膜剥離になぜなるその原因とは、どんな症状でどう治す?

スポンサードリンク

網膜剥離は、カメラで言えば
フィルムにあたる眼の網膜がはがれ、
視力が低下する病気です。

加齢のほか、強い近視の人や
目に力強い力が加わることなどで発症し、
悪化すれば失明の恐れもあります。

そこで今回は、網膜剥離になぜなる?
その原因とどんな症状で

どう治すのかについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

網膜剥離になぜなるその原因とは?

目の中は「硝子体」という
ゼリー状の物質で満たされています。

硝子体は眼球内の圧力を一定にし、
球状の形に保つ役割があります。

硝子体外側に、光に反応する
「視細胞」がある網膜、

その外側には網膜へ栄養を送る
「脈絡膜」があります。

硝子体は華加齢などによって劣化し、
一部が液化すると、

眼球の動きとともに、
硝子体が揺れ動くようになります。

ゼリー状の硝子体と網膜が
強く癒着する部分があると、

眼球の動きで網膜が
引っ張られる形になり、

「裂孔」という裂け目が
生じることがあります。

この状態は「網膜裂孔」と呼ばれています。

この裂け目に、硝子体が
液化してできた水が入り込むと、

網膜が脈絡膜からはがれ、
「網膜剥離」となります。

強度の近視の人などで網膜の
薄くなった部分に穴が開いたり、

打撲などで眼球が急激に変形したりして
発症することもあります。

●網膜剥離を疑われる症状
飛蚊症:目の前に虫や糸くずなどが
    飛んでいるように見える

光視症:「ピカッ」と光って見えたり、
    チカチカと光が見えたりする

視野欠損:視野の一部が欠ける

網膜剥離はどんな症状?

厚生労働省の2017年患者調査によると、
網膜剥離の国内患者数(網膜裂孔も含む)は

約5万8000人で、最近は増加傾向にあります。

主な症状には、目の前に蚊が飛んでいたり、
糸くずのようなものが

浮遊したりしているように見える
「飛蚊症」、

視界の中に瞬間的に光が生じたように見える
「光視症」などがあります。

網膜は、脈絡膜から剥がれると
機能しなくなるため、

剥がれた部分が広がると、
視界にカーテンがかかったようになる
「視野欠損」が起こります。

悪化が続けば視力が低下し、
最終的には失明します。

網膜剥離が起きる前には、
自覚症状がないこともありますが、

飛蚊症や光視症が発症の
前兆になることもあるので注意が必要です。

早めに眼科を受信すれば、
早期治療につながる可能性があります。

網膜剥離はどう治す?

網膜のはがれた範囲が小さければ、
レーザーで網膜を焼き付けたり、

裂け目の周囲の網膜を瞬間的に
凍らせて固めたりして治療します。

症状が進んでいる場合は、
大きく分けて2種類の手術法があります。

網膜復位術は、目の外側に
スポンジを縫い付ける方法です。

はがれた裂け目ノブ分をふさぎます。

硝子体手術は、直径約1ミリの
細いカッターを目の中に差し込み、
濁った硝子体を吸い取ります。

眼球の形を保つため手術中は
目の中に人工の水を流し、
術後は空気やガスで満たします。

はがれて網膜は内部からの圧力ではりつき、
元に近い状態に戻ります。

眼球内では「房水」という
透明な液体が作られており、

空気やガスは1~2週間程度で
房水に置き換わります。

網膜の中心には「黄斑」と
呼ばれる部分があり、

ここがはがれていると、
手術しても発症前の視力まで
回復させることは難しくなります。

手術後に、再び剥離が起きることもあり、
見え方に異常がないか、
経過観察が欠かせません。

車の運転など一定の視力が
必要な行動については、

医師と相談した上で再開した方がよいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

網膜は痛みを感じないため、
自覚症状がないまま、

網膜剥離を発祥していることも
多くあります。

早めに治療すれば、
負担の少ない手術法で
悪化を食い止められるますので、

見え方がおかしいと感じたら、
眼科を受診してみてくださいね。

関連記事:眼精疲労はなぜ起こる、症状や予防方法は?
     網膜色素変性症とはなに、なぜ起きるその原因や症状、治す方法は?



-健康
-,