健康 生活

夏の紫外線を子供はどう対策すればいい、肌への悪影響は?

スポンサードリンク

夏の外出時に気になるのは紫外線ですよね。

子供に某帽子をかぶせたり、
日焼け止めクリームを塗ったりして
対応したいところです。

その一方で、外出自粛が求められる時期は、
日光を浴びる時間が不足することを
問題視する声もあります。

そこで今回は、夏の紫外線を子供は
どう対策すればいいのか、

肌への悪影響について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

夏の紫外線を子供はどう対策すればいい、肌への悪影響は?

子供が外で遊ぶことは
心身の発達にとって大切ですので、

バランス良く日光を
浴びることが欠かせません。

夏の晴れた日は、午前10時から
午後3時くらいまでは、
外で遊ぶのは避けた方がよいでしょう。

外出の際は、帽子をかぶったり、
露出の少ない服を着たりして、
なるべく日陰で遊ぶようにしましよう。

肌が赤くなりやすい子供には
日焼け止めクリームを
使用したほうがよいですが、

日常生活では塗る必要がないケースも多く、
紫外線を極端に避ける必要はありません。

紫外線には体内でビタミンDを
生成する利点があり、

ビタミンDは骨を構成する
カルシウムの吸収を促進し、
魚やキノコ類に多く含まれています。

不足した状態だと、くる病や骨折、
骨粗鬆症につながる恐れもあります。

一方で、紫外線を過度に浴びると、
やけどをすることもあり、

また、長期間浴び続けると、
シミやしわ、皮膚がんや
白内障の原因になる可能性もあります。

必要な量の紫外線を浴びることは、
重要ですが、浴びすぎて肌が

真っ赤になるような日焼けは
やけどですので、冷やしつつ、
皮膚科にいきましょう。

紫外線量は、季節や地域にょって異なり、
国立管渠研究所によると、

7月中旬の正午頃、札幌の屋外で
半袖を着て過ごし、

必要なビタミンDが
生成されるまでの時間は平均6分、

肌が赤くなる恐れが
出てくる時間は同35分、

沖縄で同じ条件で過ごした場合は、
それぞれ同3分、同20分となります。

同研究所は、ホームページ
「ビタミンD生成・紅斑紫外線量情報」
を公開しています。

横浜、名古屋、大阪など
全国12ヶ所で観測したデータを基に、

それぞれの地域で必要なビタミンDが
生成されるまでにかかる時間と、

肌が赤くなる日焼けをするまでの
時間の目安を示しているので、

自分の済む地域に近い観測点の
データを参考にしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

紫外線によって生成された
ビタミンDは2週間ほど

体内にとどまりますので、
晴れた日に「取りだめ」するのもよいですね。

関連記事:子供が紫外線アレルギーになったら検査は?顔や目の対策や日焼け止めは?
     保育園での外遊びが心配?子供の紫外線によるシミや日焼け止めと炎症したら?



-健康, 生活
-,