生活

マスク越しの接客での注意点や気をつけることは?

スポンサードリンク

新型コロナウイルスの感染拡大で、
人に会う際はマスクが
手放せなくなっています。

接客などのビジネスシーンでも
マスク費用が当たり前のようになりましたが、

相手の表情がわかりにくく、
初対面のケースなどでは不安を
感じる人もいるかもしれません。

そこで今回は、
マスク越しの接客での注意点や

気をつけることについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

マスク越しの接客での注意点や気をつけることは?

マスクで顔が隠れると、
感情を伝えるための情報は
半分以下になります。

対面時に、人は眉と
口元の動きの組み合わせで
相手の感情を推測します。

眉間にシワが寄って口元が
きつく結ばれていれば「怒り」「不愉快」、

眉尻が下がった状態で
口角が上がれば「喜び」、

逆に口がへの字に曲がれば
「困惑」といった具合です。

口元の筋肉は特に動きが大きく、
感情を表しやすくなっています。

しかし、マスクで口元が隠れると、
誤った感情が伝わってしまうことがあります。

例えば、眉尻が下がっているだけでは、
「喜び」か「困惑」かを判断しづらく、

表情が読めないと相手の考えが
つかみにくいため、
お互いのストレスになります。

重要になるのが、話し方や視線、
身振りや手振りといった
言語以外のコミュニケーションです。

人は表情意外にも、多くの情報から
相手の感情や糸を読み取っています。

ポイントとしては、
マスクをしていると声がこもるので、

いつもよりゆっくり、
ハキハキと話しましょう。

声のトーンは明るく、
目線は動かし過ぎないようにし、

相手の話に大きくうなずいたり、
アイコンタクトをしたりすると、
与える印象は変わってきます。

手の動きも加えると
話のイメージが膨らんで、
伝わりやすくなります。

目元しか見えていない分、
動作は大げさなくらいがちょうどよく、
笑うときは口角もしっかり上げましょう。

マスクで顔の大半が隠れるからといっても、
無表情でいるのはよくありません。

髪型にも気を配り、
できるだけおでこを
見せるようにしましょう。

目元が髪で隠れると表情が見えづらく、
暗い印象を与えてしまいがちです。

左右に分けたり、
短めにカットしたりするのがおすすめです。

初対面の人に顔を覚えてもらいたい場合などは、
「マスクを一瞬、外します」と声をかけた上で、
口を閉じて顔を見せるのもいいでしょう。

名刺に顔写真を印刷したり、
ネームプレートに写真を
貼ったりするのも効果的です。

ただ、相手にも同じことを
求めるのは避けたいところです。

マスクを外すことには強い不安を
感じることも少なくありません。

反対に、持病などでマスクの着用が
難しい人がいることも理解しておきましょう。

●マスクを漬けて人に会う時の注意点
・ゆっくりハキハキと話す
・目線は動かし過ぎない
・身振り手振りは大きく
・前髪は目元にかからないように
・断った上でマスクを外して顔を見せるのもよい

まとめ

いかがだったでしょうか?

相手を気遣うことこそが
マナーの本質ですので、

様々な事情を抱える人への
配慮を忘れないことが

円滑なコミュニケーションを
とるうえで大切です。

関連記事:新型コロナ対策による手洗いやマスク着用で肌荒れした場合はどうする?
     マスク着用で夏の熱中症にはどう注意すればいい?



-生活
-