生活

高齢者が足の爪を変形させないようにする爪切りのポイントは?

スポンサードリンク

分厚くなったり変形したりと、
足の爪のトラブルに悩む高齢者は多くいます。

誤った爪の切り方をしていると、
痛みなどで歩けなくなる
恐れもありますので、

適切な手入れを身につけて、
爪の健康を保ちたいところです。

そこで今回は、高齢者が足の爪を
変形させないようにする

爪切りのポイントについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

高齢者が足の爪を変形させないようにする爪切りのポイントは?

足の爪のトラブルを抱える潜在患者は
1000万人に上るとみられ、
特に高齢者に目立ちます。

典型的なトラブルが爪の変形で、
爪が内側に巻いて皮膚に食い込む
「巻き爪」などがあり、

間違った爪切りや足に合わない靴を
履くなどの習慣が原因で起こります。

加齢などよる歩行量の減少も、
地面から指に加わる力が弱まり、
爪が真っすぐ伸びにくくなる要因です。

白濁したり分厚く変形したりする
「爪白癬(爪水虫)」に悩む人も多くいます。

下北沢病院なとが2018年に、
世田谷区内の介護サービス利用者
676人に行ったアンケート(複数回答)でも、

32%が「巻き爪」や爪が
皮膚に食い込んで炎症を起こす「陥入爪」、

35%が爪が厚くなる「肥厚爪」を抱え、
「トラブルがない」は40%にとどまりました。

足の爪には、爪先を保護するだけでなく、
体のバランスを支えて、

歩く時に踏み込む力を強くする役割があります。

爪のトラブルを放っておくと、
歩行困難や寝たきりにつながる可能性もあり、

そうした爪のトラブルは、
適切な手入れで予防したり改善したりできます。

手入れの基本は、爪を清潔に保ち、
正しく切ることです。

まず、毎日の入浴では、
軟毛の歯ブラシなどで
爪の周りや指の間をきれいに洗います。

爪を切る前に入浴すると、
爪が軟らかくなって切りやすくなります。

切る際は、「深爪」と呼ばれる
切り過ぎに注意しましょう。

適切な長さは、
指先に平らなものをあてた時に
爪があたらない程度です。

爪の先の白い部分を少し残すのが目安です。

形は、指の輪郭にあわせて
平らでまっすぐに切ります。

1回で切ると無理な力が加わって
割れる恐れがあります。

爪先を縦に5等分するようにイメージして、
分けて切るとよいでしょう。

両端は角度をつけて
丸く切ってしまいがちですが、

巻き爪の原因になるので、
ヤスリをかけて滑らかに整えましょう。

爪がノピ過ぎたり丸まったりして
切りづらい場合は、

先端に縦の切り込みを入れて、
少しずつ切ります。

爪切りは、刃がまっすぐなものを選びましょう。

下の刃を爪と皮膚の間に入れて固定し、
上の刃だけを動かすと安定します。

切る目安は3週間に1回程度で大丈夫です。

ただし、爪の変形が進んで
痛みがあったり、

水虫やウオノメなどで皮膚に
異常があったりする場合は、

無理に切らず、皮膚科などで
専門医に診てもらいましょう。

日常生活では、靴選びも大切です。

つま先に1センチほどの余裕があって、
かかとや甲がしっかり
固定されているものがよく、

足の指で地面を蹴り出すように
意識してくださいね。

●足の爪の手入れのポイント
長さの目安
・指先に平らなものを当てた時に、
 爪が当たらないくらい
・爪の先の白い部分を少し残す

爪の切り方
・爪を立てに5等分するようイメージする
・指の輪郭に合わせ、平らでまっすぐに切る
・左右の両端の部分は、丸く切らずに
 ヤスリで滑らかに整える

ヤスリのかけ方
・爪の角から中央に向けて一方向に動かす
・ごしごしと往復してこすらない

関連記事:高齢者の靴選び、転びにくい靴はどう選ぶ?
     高齢者の転倒を予防する靴選びと歩き方は?




-生活
-