生活

怖い絵本を読み聞かせるときに注意することは?

スポンサードリンク

死や悲しみ、怖さなどをテーマにした絵本や
児童書が注目されています。

これまでは「子供にショックを与える」と
敬遠されがちでしたが、

核家族化で身近な人が亡くなるといった
体験に乏しい子供たちに、

本を通じて辛さや恐怖の感情にも向き合って、
生きる力を育んでほしいという
親の願いが込められています。

そこで今回は怖い絵本を読み聞かせるときに
注意することについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

怖い絵本を読み聞かせるときに注意することは?

死や恐怖を扱った本を子供に
読んだり見せたりする際に、
どんな点に気をつければいいのでしょうか?

昔話で描かれる行きていく厳しさや
衝突を乗り越える物語は、

自体を超えて不変なものなので、
ありのままを伝えましょう。

昔話や童話では、大人側の
「子供が怖がる話は避けたい」との思いから、

戦いや死の場面を省いて、
結末を変えた絵本も出版されています。

「さるかに合戦」では、
かにが猿に敵討ちをせず、
仲直りして終わるといった感じです。
 
ですが、子供は絵本の世界を冒険して、
様々な感情を体験して成長するものです。

死や悲しみ、恐れを描いた本も、
子供の気持ちに配慮しながら、

親子で一緒に読んでみることをお勧めします。

その際にまず子供に、
自分が生きている喜びや、

親から愛されていることを
感じさられる本に

たくさんした親しませてから
「冒険」させることがポイントです。

親が抱っこする膝にのせるなど
スキンシップを図り、

愛情に包まれ安心して話が聞ける
環境を作ることも大切です。

子供の感情の動きを肌で感じ、
悲しい、怖いといった思いから
親子で共有してください。
  
小さいうちは、死の意味が
理解できなかったり、

死んでも生き返ると思っていたりする
子供も少なくありません。

繊細なテーマの場合、
子供が不安を感じて、

嫌がる様子を見せたら、
読み聞かせるのをやめましょう。

その話を受け入れるには、
まだ早いということです。

その場合は成長を待って、
また機会を見つけると良いでしょう。

 
●死や悲しみ、恐れいった絵本を
 読み聞かせる時の注意点
・子供とスキンシップを取り、愛情を伝えて安心させる
・悲しみや不安などの感情を親子で共有し合いながら読む
・死を安易に美化したり、悲観を強調したりしない
・親や大人の思い、考えを押し付けない
・子供が不安を感じ、聞くのを嫌がったら中断する

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

怖い話には、人の心に潜む邪悪さや、
世の中の矛盾が秘められている
ことが多くあります。

そのようなことを絵本から感じ取ることも、
力強く行きていくためには
大切な経験になりますね。

関連記事:子供を本好きにする方法や読み聞かせのポイントは?
     幼児の睡眠時間は短いとだめ?理想や意味は?見直し方とお昼寝の必要性



-生活
-