健康 生活

マスクでの肌荒れ対策で男性にも女性にもおすすめの方法は?

スポンサードリンク

9月になっても暑い日が続きますが、
今年は新型コロナウイルス対策で
マスクをつける必要がありますよね。

ただ、厚い中でマスクをつけ続けると
肌が荒れて、ニキビなどを
悪化させる原因にもなります。

そこで今回は、マスクの肌荒れ対策で
男性にも女性にもおすすめの方法について
お伝えしてまります。

スポンサードリンク
  

マスクでの肌荒れ対策で男性にも女性にもおすすめの方法は?

肌荒れを抑える方法としては、
顔全体を丁寧にカミソリでそって
肌の手入れをするのがおすすめです。

理髪店でも、顔そりを目的に、
美容院から理髪店に変える
10~20代男性が増えていおり、

女性用の顔そりサービスを
利用する女性も急増しています。

マスクで肌荒れして、
口の周囲が赤くなっていても、

定期的に顔そりをすることで
肌がきれいになることが期待できます。

皮膚科でも今夏は昨年同時期に比べても、
肌のトラブルに悩む人が増えおり、
多くはマスクが原因です。

肌への摩擦や汗、
冷房にさらされることによる

乾燥などの刺激を受けると、
肌を守ろうとして顔の表皮の
角質層が厚くなります。
 
マスクをつけると保湿効果が
あると思われがちですが、

表皮について水分がマスクを
外した際に急に蒸発するので、
逆に乾燥しやすくなってしまいます。

角質層が厚くなると、
ニキビの原因となる

アクネ菌や炎症を引き起こす
マラセチア菌
などが、

タンパク質てもある角質を
栄養源にして増え、

かゆみやニキビなどの
肌トラブルにつながります。

角質層を厚いまま放置しておくと、
古くなった角質が蓄積され、

イボやシミなどの脂漏性角化症になります。

古くなった角質は洗顔では落ちませんが、
カミソリでひげや産毛をそる際に

除去することができるため、
顔そりをする習慣をつけるとよいでしょう。

 

女性はL字カミソリ(長いものと短いもの)、
男性はT字カミソリを用意するとよいでしょう。

シェービング用のジェルまたフォーム、
化粧水を忘れないようにしてください。

洗顔をした後にジェルなどの
シェービング剤をつけて、

毛の流れに沿ってカミソリを動かしましょう。

顔そり後は化粧水での保湿も忘れずに。

●カミソリを使った顔そりの手順
1.ぬるま湯で顔を洗い、毛を柔らかくする
2.保湿タイプのジェルまたはフォームを顔全体に塗る
3.額、頬などのフェースラインの皮膚を軽くのばしながら、
 毛の流れに沿うようにそる。生え際を自然な形で残せるように、
 カミソリを小刻みに動かしながらそるとよい
4.眉、鼻、口元をそる。ひげが気になる口の周りは
 口の中から舌を押し当てて、
 皮膚を伸ばすとそりやすくなる
5.仕上げにぬるま湯で顔についた毛を洗い流す
6.たっぷりの化粧水を染み込ませる 
 

まとめ

いかがだったでしょうか?

週に1回、頬や鼻の周囲、
おでこなどをカミソリで
丁寧にそることを続ければ、

マスクを付けていても肌のトラブルが
解消されること実感しますよ。

関連記事:秋冬の肌状態の悩みや肌荒れとどうつきあう?手荒れのケアは?
     花粉症で肌荒れやかゆみがでるのはなぜ、その改善方法や対処法は?



-健康, 生活
-,