生活

相続税の対策としておこなう生前贈与の注意点や ポイントは?

スポンサードリンク

自分が死んだ後、残される
家族に相続税の負担で

苦労をかけたくないと
考える人もいると思いますが、
そんな時に有効なのが生前贈与です。

そこで今回は相続税の対策としておこなう
生前贈与の注意点やポイントについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

相続税の対策としておこなう生前贈与の注意点や ポイントは?

相続は、自分の死後に財産を
家族が引き継ぐものです。

遺言でしていしない限り、
受け取る人は配偶者や
子供らに限られています。

一方、生前贈与は、
生きているうちに財産を
引き継ぐ点が大きな違いです。

親族以外の人を受取人に
することもできます。

遺言は死後のことを考えるので
ハードルが高いという人でも、
生前贈与は手軽です。

相続と違って、もらった人の喜ぶ顔が
見られるのもお薦めです。
 
生前贈与は、財産を渡す人の「あげた」と、
受け取る人の「もらった」という
両方の意思で成立します。

口頭でも成立するのですが、
両者が署名した契約書を作ったり、

お金を振り込んだ通帳に
「あげたこと」を

自筆で書き込んだりした方が、
後のトラブル防止には有効です。

もちろん、一定額以上の財産を相続すると
相続税(歳代55%)がかかる
ように、

一定金額以上の贈与を受けると
贈与税(最大55%)がかかります。

それでも計画的に生前贈与を活用することで、
全額を相続した場合と比べて、

相続した人が支払う相続税の負担を
軽減することも可能です。

例えば、受け取る人ごとに、
贈与された在損の合計が毎年110万円までなら、
贈与税はかからず、
税務署への歯科国も必要ありません。

毎年110万円以下の贈与を10年間続けると、
最大で1100万円を非課税で贈与できる計算です。

ただ、財産を相続する家族らに対して、

死亡する前の3年間に実施した生前贈与は、
110万円以下の分も含めて
相続税の対象となる財産とみなされる
ので、
注意が必要です。

もし、この方法を選ぶなら、
早い時期から計画的に
実施することがポイントになります。

また、孫が成長したときに渡そうと
祖父母が孫名義の口座を作り、

黙って入金しても
生前贈与は成立しません。

受け取る側がもらったことを知らず、
自由に使うことができなければ、
相続の対象になります。

このほか、子供や孫の教育費、
結婚や子育ての資金、
住宅購入に充てる費用として、

高額な贈与を非課税で
行える仕組みもあります。

結婚・子育て資金の場合、
1000万円まで非課税ですが、

使える目的が限られ、
受け取る側の年齢などに制限があります。

老後の生活費に余裕があり、
孫らを金銭面で応援したい場合などの
ケースを税制面で後押しする制度といえます。

それでも無理は禁物ですので、
自分の老後の生活費を確保した上で、

生前贈与をするかどうかを
検討することが大切です。

 

 
●生前贈与の一例
毎年110万円まで非課税
    ↓贈与
受け取る人の使いみちは自由

結婚・子育て資金贈与
1000万円まで非課税
    ↓贈与
結婚式や出産費用

●生前贈与のポイント
・生きているうちに、誰にでも、
 財産をあげることができる
・財産をもらう人の合計額が、
 毎年110万円までなら、贈与税はかからない
・老後の生活費に困らない範囲で行う

まとめ

いかがだったでしょうか?

生前贈与は資金に困っているときに
手助けできて、喜ばれてよいだろうと
思われるかも知れませんが、

老後の費用を残しておくことを
忘れないでくださいね。

関連記事:同性カップルの相続や税制の注意点やお金をめぐる問題は?
     同性カップルの相続や税制の注意点やお金をめぐる問題は?



-生活
-