健康

インフルエンザと花粉症の予防にはヨーグルトとはちみつが効果的?

2016/11/18

スポンサードリンク

そろそろ冬も終りを迎える季節になっても
未だにインフルエンザの流行や
感染に気を抜くことはできません。

そしてこの時期には
花粉もちらちら舞い始め、
敏感な方ではすでに
鼻に異常が出ている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

そんな時期に、
一番注意しなければならないのが

インフルエンザと花粉症を併発することです。

そこで今回は、インフルエンザと花粉症の予防を
同時に行う方法について詳しくお伝えします。

スポンサードリンク
  

インフルエンザと花粉症の予防を同時に行うには?

インフルエンザと花粉症の予防を同時に行う前に
両方の症状の違いついて
重なるところと違うところを
お伝えしておきましょう。

●重なるところ
鼻水
くしゃみ

●違うところ
高熱(インフルエンザ)
喉の痛み(インフルエンザ)
眼のかゆみ(花粉症)
鼻のかゆみ(花粉症)

鼻水は花粉症では
異物を洗い流すため
透明でサラサラしていますが

インフルエンザが原因の場合は
ドロドロと粘り気のあるものなので、

その特徴が特に顕著な場合には
どちらの症状に近いかで判断してください。

くしゃみも同じく、
異物を排出するために症状なので

インフルエンザの場合は
あまり続けて出ることはないです。

熱は花粉症の場合でも人によって
微熱が出る場合もあるのですが
38度を越える高熱が出ることはありません。

●勘違いしやすいところ
鼻づまり
関節や筋肉の痛み
頭痛や倦怠感

鼻づまりは
インフルエンザの場合でも起こるのですが、

それは主にドロドロになった
鼻水による詰まりが原因で

花粉症のような
鼻の粘膜の炎症によるものとは
違いますので気をつけてください。

関節や筋肉の痛みも
プロスタグランジンという
ホルモン物質の分泌によって起こるのですが

このプロスタグランジン
花粉症の発症でも分泌されます。

しかし、その量は微量なので
強い痛みが関節や筋肉に出た場合には
インフルエンザの可能性を疑いましょう。

以上のことを踏まえての予防方法ですが
それは、

鼻の通りを良くすることです。

なぜかと申しますと、
鼻づまりが起こると
鼻での呼吸ができなくなるため
口呼吸になります。

そうなると口の中や喉に埃や
ウイルスを取り込みやすくなるため
必然的に、インフルエンザにも
感染しやすくなってしまうわけです。

そのための効果的な方法が

鼻を温めることです。

簡単な方法としては
温かいタオルなどで鼻の上部を押さえます。

すると、しばらくして鼻がスーっと通り
鼻水が垂れてくるはずです。

この季節は特に空気が乾燥し気温も下がっているため
鼻の内部も冷えて血管の血行が悪くなっています。
そのためこうして温めることで血行か良くなり
鼻づまりも解消されるのです。

ただ、この方法も
花粉症に対する予防としては心もとないので
同時に行うことが重要になってきます。

空気の清浄化と加湿

その方法が空気の清浄化と加湿です。

ウイルスも花粉も空気を介して広がり
身体に侵入して症状を引き起こしますから
同時に防ぐという意味では両方の共通項である
空調の管理を適切に行うことが
一番の方法だといえます。

特に冬から春にかけては
暖房器具を使用するため
換気によって外気を取り込まれますから
そこにウイルスや花粉が含まれることは
大いに考えられます。

その取り込まれたウイルスや
花粉を身体に入れないようにするために
欠かせないのが空気清浄機による
空気の浄化が有効です。

加えて、ウイルスの繁殖や
花粉が舞い上がるのを抑えるには
湿度を高めることが重要なため
加湿器も併用してご使用されることを
お勧めします。

空気清浄機は本来、
空気を取り込んで排気するこで
部屋を空気を浄化しています。

そしたがって、
よりたくさんの空気を取り込ませるために
気流を発生させた方が効率的なのですが、
それを行うと花粉も舞い上がるので
同時に予防を行う上では有効ではありません。

ですから、
両方の予防を同時に行う時は
換気口の対極の位置に空気清浄機を設置し
外気を取り込みやすくしておきましょう。

このとき加湿器は空気清浄機の近くに置き、
浄化した空気が湿気を帯びやすくするのが良いでしょう。

本当の意味で、
インフルエンザ感染の予防確率を
高めるのであればワクチンの接種を、

花粉症のアレルギーを防ぐのであれば
アレルゲン免疫療法とよばれる
免疫治療を行うのが極めて確実な方法なのですが、

アレルゲン免疫療法は完了に3~5年もかかり
ワクチンの接種と同時に行うものではないので
今回は省かせていただきます。

次の章では食事での予防についてお伝えしてまいります。

インフルエンザと花粉症にはヨーグルトとはちみつが効果的?

インフルエンザと花粉症の予防を
同時に行いたい時に最も手軽で
簡単な方法が食事による予防ですよね?

では、予防に効果的な食べ物といえば

発酵食品です。

その中でも乳酸菌は、
腸内にいる細菌バランスを改善し
免疫力を高めてくれます。

そのためウイルスの感染やアレルギーを
抑えることができるといわれています。

市販されているものであれば

R-1乳酸菌、L-92乳酸菌、L-55乳酸菌

このあたりが含まれているヨーグルトは
特に悪玉菌の繁殖を抑制し免疫力を
高めてくれるのでお勧めです。

その乳酸菌の増殖と活性に一役買うのが

はちみつです。

はちみつに含まれるブドウ糖と果糖、
有機酸であるグルコン酸は
乳酸菌の食料となりますので

インフルエンザや花粉症を予防するのであれば
継続的にヨーグルトを食べ、
一緒にはちみつも取るようにしてください。

量はスプーン1杯程度構いませんので
ぜひ習慣化して予防にお役立てください。

まとめ

インフルエンザと花粉症の予防を
同時に行うのはなかなか大変ですが、

それ以上に困るのが
両方の病気を併発した場合です。

したがって、それを防ぐためにも
常日頃の対処が重要になってきます。

ですが、食べ物で予防するのであれば
比較的簡単に行えるので
一度試されてはいかかでしょうか?

スポンサードリンク

-健康
-,